村上知行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村上 知行(むらかみ ともゆき、1899年2月11日 - 1976年3月23日)は、日本中国文学翻訳家中国評論家

福岡県博多生まれ[1]。幼少時に父親と死別[1]。商家の店員となるが、13歳の時、病気のため右脚を切断[1]九州日報記者、旅回りの新派劇団の座付き作者などを務めながら、独学で中国語を学ぶ[1]

1928年上海に渡る。1930年から北京に住み、中国に関する評論やルポルタージュを刊行。一時期読売新聞特派員を務めたが、1937年盧溝橋事件を機に辞職[1]。日本の戦争政策への協力を拒否し、著作を通して反戦の立場を示した[1]

1946年5月に妻子とともに日本へ引き揚げ[1]。戦後は四大奇書を中心に翻訳、抄訳を行い、佐藤春夫名義での翻訳も行った。1976年、自宅においてナイフで首と胸を刺し自殺した[1]

著書[編集]

  • 九・一八前後 福田書房 1935
  • 支那及び支那人 中央公論社 1938
  • 古き支那新しき支那 改造社 1939
  • 北京歳時記 東京書房 1940
  • 随筆大陸 大阪屋書店 1940
  • 北京の歴史 大阪屋書店 1941
  • 大陸史の十二人 大阪屋書店 1942
  • 北京十年 中央公論社 1942
  • 秦の始皇 大阪屋書店 1943
  • 竜興記 桜井書店 1944
  • 北平より東京へ 桜井書店 1947
  • 聊斎志異香艶抄 光文社 1947
  • 新中国 目ざめた五億の人々 桜井書店 1953
  • 北京十話 その十年の証言 現文社 1967

翻訳[編集]

  • 三国志物語 中央公論社 1939
  • 魔法の壺 プースンリン 光文社 1947 (少年文庫)
  • 聊斎志異 蒲松齢 東西出版社 1949 (もだん・らいぶらりい)
  • 剪灯新話 美女と妖鬼の譚 全訳 瞿佑 中央公論社 1954
  • 水滸伝 新中国定本普及版 全9巻 修道社 1955-1956 のち現代教養文庫(七十回本の翻訳)
  • 私たちの東洋古典文学選 三十書房 (少年少女名作ライブラリー) 1957
  • 新三国志物語(抄訳)第1巻 河出書房 1957
  • 歴史 韓雪野 くろしお出版 1960
  • ある母の回想 わたしの一家 欧陽陶承 理論社 1961
  • 三国志 羅貫中 講談社 (少年少女世界名作全集) 1963
  • 肉蒲団(ろうぷうとあん) 中国奇書 日本文芸社 1963
  • 三国志 全3巻 羅貫中 河出書房 1968 のち現代教養文庫、角川文庫、光文社文庫
  • 金瓶梅(抄訳)全4巻 角川書店 1973-1974 のち現代教養文庫、ちくま文庫
  • 西遊記 全3冊 呉承恩 社会思想社 1976-77 (現代教養文庫)のち光文社文庫

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h “【地球人間模様】@チャイナ「気骨の反戦作家」”. 47NEWS. (2009年11月25日). オリジナル2014年3月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/xDn01 2018年8月4日閲覧。