杉村貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
すぎむら たかこ
杉村貴子
杉村貴子.jpg
生誕 福田貴子
(1974-07-25) 1974年7月25日(44歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 青山学院大学経済学部経済学科
職業 実業家
配偶者 杉村太郎(1963-2011)
子供 一男一女
親戚 母方の祖父は三菱セメント(株)社長、三菱鉱業セメント(株)初代会長(現:三菱マテリアル株式会社)の山中正夫、親戚にSONOKO創業者の鈴木そのこがいる。
公式サイト 株式会社ジャパンビジネスラボ

杉村貴子(すぎむら たかこ、1974年7月25日 -、 旧姓:福田貴子)は、日本の実業家。我究館、プレゼンスを傘下に置く、株式会社ジャパンビジネスラボの代表取締役。ワーク・ライフデザイン代表・女性活躍推進コンサルタント。


人物[編集]

1974年、東京都生まれ。旧姓福田貴子(ふくだ たかこ)。[1]

1986年に青山学院中等部入学。1993年、青山学院大学経済学部に入学し、同年10月1日の都民の日に、第37代ミス東京(東京都主催東京商工会議所東京新聞共催 ミス東京コンテスト)に選出される。その後一年間、鈴木俊一 (東京都知事)のアシスタントとして、世界都市博覧会関連イベント(博覧会自体は未開催)や友好姉妹都市のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州への訪問、国際親善活動、交通安全運動など、年間150件近くの公式行事に携わり、1994年には東京都から感謝状が贈呈されている。

1994年(大学2年時)にミス・ユニバーシティ日本代表に選出され、ニューヨークで開催された世界大会で日本の伝統芸能“舞”を披露するなど、若者の国際交流活動にも参加した。

1995年にはテレビ朝日アナウンス部所属の“ウェザーメイツ”に抜擢され、「やじうま6」のお天気キャスターとしてデビュー。後に、テレビ朝日のスポーツ番組や各種イベントでリポーターや司会アシスタントを担当した。

1997年に日本航空に入社し、キャビンアテンダントとして勤務。1998年に株式会社ジャパンビジネスラボ/我究館の創業者であり、『絶対内定』『アツいコトバ』の著者でもある杉村太郎(2011年に他界)と結婚。

2000年に一女、2011年に一男をもうける。

2000年、夫のハーバード大学ケネディ行政大学院に留学することを機に家族で渡米。

2003年に帰国後は、BS朝日のニュース番組のキャスターを担当しながら、生活経済ジャーナリスト/証券アナリストとして100名以上の上場企業のトップインタビューを行うなどし、『財界』『経済界』などの経済誌に連載記事を執筆。

大和総研レポート

2007年から株式会社大和総研に入社し、調査本部にて企画業務に携わりながら、ダイワTVの「大和総研レポート」、「大和スペシャリストレポート」の経済番組キャスター、国際カンファレンスの司会等を担当した。

2011年に夫・杉村太郎の他界を受け、株式会社ジャパンビジネスラボの監査役に就任し、取締役を経て、2014年4月より同社代表取締役に就任。2017年9月よりワーク・ライフデザイン代表・女性活躍推進コンサルタントとしても活動している。

出演[編集]

著書/執筆[編集]

資格・加入団体[編集]

  • 東京商工会議所会員
  • ダイヤモンド経営者倶楽部会員
  • 日本証券アナリスト協会検定会員 CMA
  • 宅地建物取引士
  • カラーコーディネイター

脚注[編集]

  1. ^ 旧姓 福田貴子ウィキペディアページ

外部リンク[編集]