本間ひろむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほんまひろむ
本間ひろむ
生誕 1962年
東京都台東区
国籍 日本
出身校 大阪芸術大学芸術学部文芸学科
職業 批評家

本間 ひろむ(ほんま ひろむ、1962年 - )は、日本批評家。専門分野はクラシック音楽評論、映画批評。文筆活動のほか、ラジオパーソナリティ、カルチャーセンター講師、作詞作曲も手がける。

略歴[編集]

東京都台東区出身。出生地は東京都文京区。

京華高等学校卒業。大阪芸術大学芸術学部文芸学科中退。

出版社勤務を経て、1992年よりフリーライターに。雑誌『ホットドッグ・プレス』(講談社)、『テレビブロス』(東京ニュース通信社)、『宝島』(宝島社)、『東京ウォーカー』(KADOKAWA)などに寄稿。

2002年、クラシック音楽の入門書『3日でクラシック好きになる本』(KKベストセラーズ)を上梓。批評家としてのキャリアをスタートさせる。文筆活動(書籍執筆、新聞・雑誌・コンサートプログラム・映画パンフレット・大学パンフレットへの寄稿)のほか、ラジオ出演、講演活動、音楽制作など幅広いフィールドで活動している。『新潮45』には休刊までの5年間、映画評を寄稿していた。

作品リスト[編集]

単著[編集]

  • 『3日でクラシック好きになる本』(KKベストセラーズ、2002)
  • 『指揮者の名盤』(平凡社新書、2003)
  • 『ピアニストの名盤』(平凡社新書、2004)
  • 『ヴァイオリンとチェロの名盤』(平凡社新書、2006)
  • 『ユダヤ人とクラシック音楽』(光文社新書、2014)
  • 『アルゲリッチとポリーニ』(光文社新書、2020)

共著・ムック[編集]

  • 『未読の必読ホームページ』(エーアイ出版、2001)
  • 『至福のクラシック』(KKベストセラーズ、2011)

評論・エッセイ[編集]

  • ラフマニノフ名盤紹介 (ユリイカ、2008)
  • 精神疾患は、天才への入り口か!? (新潮45、2010)
  • スティーブ・ジョブズがクラシックマニアを殺した (新潮45、2012)
  • 生誕200年 歴史を動かしたワーグナーの「魔力」 (新潮45、2013)
  • ヴェルディ・イヤーと浅草オペラ (新潮45、2013)
  • AV女優「林由美香」はなぜカリスマになったのか(新潮45、2013)
  • 東京国際映画祭を忘れていませんか(新潮45、2013)

メディア出演[編集]

  • ネットラジオ「ORICON STYLE〜TOP40 ランキング&トレンド」(2006)
  • TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」(2014)
  • BSデジタル放送ミュージック・バード「ウィークエンド・スペシャル」(2015)

外部リンク[編集]