本日のバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本日のバーガー
ジャンル 料理・グルメ漫画青年漫画
漫画
原作・原案など 花形怜(原作)
作画 才谷ウメタロウ
出版社 芳文社
掲載誌 週刊漫画TIMES
巻数 既刊5巻(2017年5月16日現在)
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

本日のバーガー』(ほんじつのバーガー)は、花形怜原作、才谷ウメタロウ作画による日本漫画。『週刊漫画TIMES』(芳文社)にて、2015年10月16日号から連載開始。

2017年5月15日から同月31日にヴィレッジヴァンガードダイナーが本作とコラボレーションし、本作に登場したバーガー「スロッピー・ジョー」を期間限定で提供する[1]

あらすじ[編集]

神宮寺慧は日本一の食品専門商社「プリンス物産」の腕利きフードバイヤーだったが世界中を渡り歩いた末、どこの国でも食べられ、基本は同じでありながらその土地土地で異なるハンバーガーに強く惹かれ、脱サラを決意する。「ハンバーガーは世界料理」と言う神宮寺は、自らの店「UNLIMITED SOULS」をオープンさせ、店に訪れる客たちに「本日のバーガー」と称して世界中のハンバーガーを紹介していく。それぞれのバーガーに、客の人生や悩みに寄り添ったメッセージを込めて。

主な登場人物[編集]

神宮寺慧(じんぐうじ さとし)
本作の主人公。自らの店「UNLIMITED SOULS」で世界中のハンバーガーを作る職人。元は日本一の食品専門商社「プリンス物産」で働く凄腕のサラリーマンだった。温和で、困っている人を放っておけないお人好し。恋愛事には鈍感。ハンバーガーに関する知識は広く深いものがある。
平沢優花(ひらさわ ゆうか)
神宮寺の商社時代の後輩。神宮寺の退職後もプリンス物産に勤めている。神宮寺を心から尊敬し、異性としても想いを寄せている。
梅原絵里奈(うめはら えりな)
「梅原ミート」の社長の娘で専務取締役。神宮寺が商社時代からの付き合いで、「UNLIMITED SOULS」に牛肉を卸している。男勝りで情に厚い性格。
上杉剣登(うえすぎ けんと)
ハンバーガーをファーストフードの地位から向上させることを目的に高級ハンバーガーショップ「ライズ」を立ち上げた。対決型の料理番組「クリエイティブ・キッチン」に神宮寺と共に出演し、上杉は優勝を果たすが、それが半ばやらせであり、審査員の1人が神宮寺を認めていたことと、上杉自身も番組で神宮寺の作ったバーガーを認めていたことから、神宮寺をライバル視するようになる。神宮寺の幅広い知識や技量については認めており、時にはアドバイスを受け入れることも。
島津紗季(しまづ さき)
名門大学に通う美人女子大生。礼儀正しく淑やかだが、自分の意見はしっかりと言う芯の強さもある。UNLIMITED SOULSにアルバイトとして働くことになる。
浅川悠平(あさかわ ゆうへい)
ライズの従業員。お調子者だが根は熱血漢で、上杉を心から尊敬している。平沢や島津に気のある様子も見せる。

書誌情報[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]