本多重昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
本多重昭
時代 江戸時代前期
生誕 寛永11年(1634年
死没 延宝4年1月14日1676年2月27日
改名 大吉(幼名)、重昭
戒名 智光真海重昭院
墓所 福井県坂井市の本光院
官位 従五位下、飛騨
幕府 江戸幕府
越前国丸岡藩
氏族 本多氏
父母 父:本多重能、母:大久保忠常の娘
正室:松平忠昌の娘、継室:甘露寺嗣長の娘
重益重信、娘(五島盛暢正室)、
娘(甘露寺安丸婚約のち藤波宗尚室)、娘

本多 重昭(ほんだ しげあき)は、越前丸岡藩の第3代藩主。

寛永11年(1634年)、第2代藩主本多重能の長男として生まれる。慶安4年(1651年)12月に父が死去したため、慶安5年(1652年)2月8日に家督を継ぎ、従五位下、飛騨守に叙任する。寛文3年(1663年)、延宝元年(1673年)に大坂加番に任じられた。藩政では検地や寺社政策に尽力した。

延宝4年(1676年)1月14日に死去した。享年43。跡を長男の重益が継いだ。