有馬温純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
有馬 温純
時代 江戸時代後期
生誕 文政12年(1829年
死没 安政2年4月25日1855年6月9日
改名 其太郎(幼名)→純精→誉純
戒名 欽崇院殿建中宗祐大居士
墓所 福井県坂井市丸岡町篠岡の高岳寺
東京都台東区上野の本覚院
官位 従五位下、日向
幕府 江戸幕府
越前丸岡藩
氏族 戸田氏有馬氏
父母 父:戸田純祐、養父:有馬徳純
正室:幸姫有馬徳純の娘)[要出典]
継室:善子松平勝道の養女、松平定芝の娘)
継室:富子榊原政養の娘)
継室:作子戸田氏正の娘)
久仁子(榊原政敬正室)、珠姫(有馬道純室)[要出典]
養子:道純

有馬 温純(ありま はるすみ)は、越前丸岡藩の第7代藩主。晴信系有馬家10代。

文政12年(1829年)、第5代藩主有馬誉純の長男・戸田純祐の長男として生まれる。天保8年(1837年)12月13日、丸岡藩第6代藩主有馬徳純と正室・冬姫の娘・幸姫の婿[要出典]養子となる。天保9年2月7日、養父徳純の死去により、家督を継いだ。天保12年7月1日、将軍徳川家慶にお目見えする。天保13年10月29日、従五位下日向守に叙任する。

幕末期に入ると、海防強化のために砲台を築いている。安政2年(1855年)4月25日に死去した。享年27。跡を養嗣子の道純が継いだ。