大久保忠常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大久保 忠常
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正8年(1580年
死没 慶長16年10月10日1611年11月14日
別名 新十郎(通称)
官位 従五位下加賀守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠
武蔵騎西藩
氏族 大久保氏
父母 父:大久保忠隣、母:石川家成の娘
兄弟 忠常石川忠総教隆幸信石川成堯忠尚忠村貞義、娘(依田康真室)、娘(久貝忠左衛門室)、娘(勝蔓寺教了室)
正室奥平信昌の娘
忠職、娘(片桐貞昌正室)、娘(本多重能正室)、娘(里見忠義正室)

大久保 忠常(おおくぼ ただつね)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名武蔵騎西藩の初代藩主相模小田原藩主・大久保忠隣の長男。正室は奥平信昌の娘(母は徳川家康の長女・亀姫)。子に忠職(長男)、娘(片桐貞昌正室)、娘(本多重能正室)、娘(里見忠義正室)。通称は新十郎。官位は従五位下加賀守

生涯[編集]

天正8年(1580年)、徳川氏の家臣・大久保忠隣の長男として誕生。母は石川家成の娘。

幼少時から智勇に優れた人物で、徳川家康秀忠父子からも気に入られており、三河譜代の子弟達と共に秀忠の御前で執り行われた元服時には、秀忠から「忠」の偏諱を賜っている。武蔵騎西に2万石を与えられた上、将来の江戸幕府老中職も約束されていた。忠常は慈悲深く温厚篤実な人物で、余人からの人望も厚く、父も忠常の将来を期待していたといわれている。

慶長16年(1611年)10月10日、32歳で死去。『徳川実紀』には、忠常の死は病死とする一方、「忠常若年ながら其権威すこぶる佐渡守(本多正信)が右に出たり。正信常にこれを嫉妬せしかば、その死に望みかれに親しき徒までも悪し様にはからひしと言ふ」と、当時、父の忠隣と権勢を競っていた本多正信・正純父子の手によって暗殺されたとする疑いもある。

ただし『当代記』には前年春より病に罹っていたとあり、正信系本多家が断絶し、大久保家が存続した江戸後期の『徳川実紀』の編纂は、大久保家に阿る内容だった。なお、『慶長見聞録案紙』には当時最大の出頭人で恩義のある者が多く、上司に無断で小田原まで弔問した者が閉門処分を受けたとある。

父・忠隣は、嫡男の急死に意気消沈して屋敷に引き籠もりがちになり、慶長19年(1614年)には改易されたが、子の忠職は許され騎西城蟄居の処分となった。またこの際にも忠常への無断弔問の罪で、森川重俊日下部正冬に閉門が命じられている。

関連項目[編集]