本多重能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
本多重能
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正18年(1590年
死没 慶安4年12月7日1652年1月17日
戒名 光厳在心常然院
墓所 福井県坂井市丸岡町の本光院
官位 従五位下、淡路
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
越前丸岡藩主
氏族 本多氏
父母 父:本多成重、母:土岐定政の娘
兄弟 重能重看重良重方、娘(越前松平直良正室)
正室大久保忠常の娘
重昭(長男)、娘(岩城重隆継室)

本多 重能(ほんだ しげよし)は、越前丸岡藩の第2代藩主。初代藩主・本多成重長男

来歴[編集]

父と共に徳川家康に仕え、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣で戦功を挙げた。大坂夏の陣では丸岡城の留守居役を務めた。正保3年(1646年)5月19日、家督を継いで藩主となり、弟の本多重看に3000石を分与した。慶安4年(1651年)12月7日、62歳で死去した。