木村清久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 清久(きむら きよひさ、? - 慶長20年(1615年))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名豊臣氏の家臣。木村吉清の子。通称は弥一右衛門。別名は秀望。キリシタン洗礼名はジョアン。

概略[編集]

豊臣政権にあっては奏者的地位にあり、天正14年(1586年)には石田三成増田長盛と連名で上杉景勝に上洛を促す書状を、天正18年(1590年)の小田原征伐に際しては伊達政宗に参陣を催促する書状を送っている。奥州仕置後、父とともに奥州入りし、蒲生氏郷与力になり、葛西氏の重臣の居城であった名生城に入城し統治を行ったが、父の苛政のため領内では一揆が勃発。事を大事と見た清久は対策を練るため父の居城寺池城へ赴くが、その間に葛西大崎一揆が勃発してしまう。一揆は伊達政宗の煽動もあって大規模化し、結局木村氏は独力では一揆を鎮圧できず、戦後改易された。

後に父の遺領である豊後国1万4千石を継ぎ大名となる。このころ豊臣秀吉の偏を受け秀望と名乗ったか。関ヶ原の戦いでは丹後田辺城(舞鶴城)攻撃隊に参加し、近江勢田橋を守ったが、守りきれず敗走、戦後改易される。慶長20年(1615年)、大坂夏の陣大坂城に入城し、討死した。