大類伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大類 伸(おおるい のぶる、1884年(明治17年)2月22日 - 1975年(昭和50年)12月27日[1])は、日本の西洋史学者東北帝国大学教授、帝国学士院会員、日本学士院会員。

経歴[編集]

東京市日本橋区生まれ[1]。神田練塀小学校から東京開成中学校第一高等学校を経て、1906年東京帝国大学史学科卒業[2]1921年東京帝国大学文学部助教授となり、1924年東北帝国大学教授に転任、ヤーコプ・ブルクハルトを学んで西洋中世史、ルネッサンス史に先駆的業績をあげた。1944年東北帝国大学退官後は、日本女子大学教授、明治大学教授を歴任。

日本城郭史の研究により、1915年に東京帝国大学から文学博士学位を授与される[3]1937年5月8日、帝国学士院会員に選出[4]。その後、東北大学名誉教授。

城郭に関心が深く、日本の城郭史について多数の著作、監修を行って、主著に『日本城郭全集』があり、日本城郭史研究の先鞭を与えた書と評される。

1975年に藤沢市鵠沼の自宅で死去、享年91歳。

主な著作[編集]

著書[編集]

  • 『ヴェニスとフロレンス』1914 (アカギ叢書)
  • 『戦争と城塞』三省堂書店, 1914[5]
  • 『民族競争』冨山房, 1915
  • 『城郭之研究』日本学術普及会, 1915
  • 『西洋時代史観 中世』文会堂書店, 1916 「西洋中世の文化」と改題
  • 『現代世界の史的観察』天佑社, 1918
  • 『史蹟めぐり』博文堂, 1919[6]
  • 『世界大戦概史』右文閣, 1919
  • 『世界的思想』学芸書院, 1919
  • 『歴史と自然と人』博文館 1921
  • 『美術をたづねて 伊太利みやげ』博文館, 1927
  • 『小国興亡論』 (世界興亡史論 第20巻) 平凡社 1932 
  • 『現代史学大系 第1巻 史学概論』共立社書店 1932
  • 『西洋史講座 5 文藝復興時代史』雄山閣 1932
  • 『女子新西洋史解説』東京開成館, 1934
  • 『西洋史新講』冨山房 1934
  • 『列強現勢史・ロシヤ』1938 (冨山房百科文庫)
  • 『列強現勢史・ドイツ』1938 (冨山房百科文庫)
  • 『ルネサンス文化の研究』三省堂, 1938
  • 『列強現勢史・東中欧諸国』1939 (冨山房百科文庫)
  • 『世界の光 日本』アルス(新日本児童文庫) 1940
  • 『現代史学』弘文堂 1942
  • 『ルネサンス文化の潮流』文藝春秋社 1943
  • 『日本の城』アルス, 1943
  • 『概論歴史学』生活社, 1944
  • 『明治回顧』生活社, 1946
  • 『歴史への道 藤村と漱石 日高書房, 1947
  • 『西洋文化史観 東と西』帝国書院 1947
  • 『綜合西洋世界史』雄山閣, 1948 のち『綜合世界史』として角川文庫
  • 『ルネッサンスの問題』三省堂, 1948
  • 『西洋思潮三講』育生社, 1948
  • 『現代世界史』労働文化社 1950
  • 『西洋文化史論考』誠文堂新光社 1961
  • 『桃山の春』冨山房, 1969

共著[編集]

編纂・監修[編集]

  • 羅馬帝國沒落史觀 監修 タイムス出版社,1944
  • 年表世界歴史 監修 井上幸治 編 小石川書店,1949
  • 世界人名辞典 西洋篇 監修 東京堂,1952
  • 世界人名辞典 東洋篇 監修 東京堂,1952
  • 名城名鑑 監修 人物往来社, 1965
  • 日本の城 全8巻 監修 人物往来社, 1966
  • 日本城郭全集 監修 人物往来社,1967
  • 日本城郭史料集 編 人物往来社, 1968
  • 日本城郭事典 監修 秋田書店, 1970

翻訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 保坂栄一 1976
  2. ^ 東京帝国大学一覧 従明治39年至明治40年』 東京帝国大学、1907年、(208)頁。 
  3. ^ 『官報』第949号、大正4年9月30日、pp.586-587.
  4. ^ 『官報』第3102号、昭和12年5月10日。
  5. ^ 八巻1996, 194頁。"題名通り戦争と城郭の関わりをといたものである。(中略)ヨーロッパの城郭にも言及しており視野の広さがうかがわれる。この書が本格的な日本の城郭に関する初めての学術書といえる。".
  6. ^ 八巻1996, 195頁。"東北から九州までの史蹟散歩の本であるが、さすがに城郭の項は精彩を放っている。".

参考文献[編集]

  • 保坂栄一「大類伸先生と大類史学」『日本歴史』第337号、吉川弘文館、1976年、 36-39頁、 NAID 40003065935
  • 八巻孝夫「明治から敗戦までの城郭研究の流れについて : 旧陸軍の城郭研究及び縄張研究を中心に」『中世城郭研究』第10号、中世城郭研究会、1996年、 184-232頁、 ISSN 0914-3203
  • 西村貞二「本会顧問大類伸先生を偲ぶ」『史学雑誌』第85巻第3号、史学会、1976年、 348-349頁、 NAID 110002363786

外部リンク[編集]