木下俊哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 俊哲(きのした としあき、明治6年(1873年2月23日 - 昭和11年(1936年4月22日)は、明治から昭和期の華族子爵)。環山とした[1]位階正三位[2]。旧日出藩木下家17代。豊臣秀吉正室・高台院の兄の三男・木下延俊を家祖とすることから、豊臣子爵とも称した[注釈 1]

経歴・人物[編集]

1873年2月23日、旧日出藩主(最後の藩主)木下俊愿の三男として生まれる[3][4]1884年7月8日、前日の華族令公布により、子爵を叙爵する。大正の終わり頃には、俊哲が何件もの連帯保証人となっていたことから、取り付けにあい、日出城二の丸にあった家屋敷や先祖代々の家宝を手放す。これにより、一家は日出から京都に出て、後に東京に移る[5]。その後、華族会館分館の主事を務めた[6][7]。1936年4月22日薨去享年63歳[8]。墓所は青山霊園1-イ2-25で、神式で葬られた。

親族[編集]

父は木下俊愿(1837年生)、母の綾子(1850年生)は伏原宣諭(伏原宣明の子)の娘。俊哲には、本来跡を継ぐべきである兄の木下俊忠がいたが、何らかの理由により三男の俊哲が跡を継いだ。この兄の俊忠は1928年2月9日まで生きた。妻は元公家子爵平松時厚の娘・速子。長男の木下俊凞は1936年の俊哲薨去により、子爵を襲爵した。娘の木下雅子は出雲大社教管長千家男爵家分家の千家尊宣千家尊福の弟・尊紀の五男)の後妻となった。千家尊福は母の妹の夫、母の兄に伏原宣足がいる[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日出藩主および本家に当たる足守藩主の両木下家は、秀吉時代以来、本姓を豊臣氏としていた。

出典[編集]

  1. ^ 環山木下俊哲 黄虎洞中國文物ギャラリー
  2. ^ 青山霊園の墓誌より
  3. ^ 木下氏(豊後日出藩) 世界帝王辞典
  4. ^ 木下家(大分県)
  5. ^ 木下家19代当主・木下崇俊「木下家に伝わる秘密、何度も暗唱した父」 AERA dot. 2016年2月9日
  6. ^ 木下俊哲(きのした としあき) デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  7. ^ 木下 俊哲(キノシタ トシアキ) 20世紀日本人名事典
  8. ^ 木下俊哲 - 死去ネット
  9. ^ 伏原宣足『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
日出木下家初代
1884年 - 1936年
次代:
木下俊凞