朝鮮国際旅行社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:社屋や通訳案内員の画像の画像提供をお願いします。2010年3月
조선국제려행사
KOREA INTERNATIONAL TRAVEL COMPANY
Arirang1.jpg
多くの外国人旅行者を受け入れたアリラン祭
種類 国営企業
略称 KITC
本社所在地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
平壌市平川区域海運洞
設立 1953年8月24日
業種 旅行業
事業内容 観光などの旅行者受け入れ・派遣、宿泊・交通手配、通訳コーディネーター派遣、旅行の企画
支店舗数 2(判明分)
関係する人物 朝鮮民主主義人民共和国国家観光総局、観光宣伝通報社(観光案内冊子の発行)、高麗航空中外旅行社
テンプレートを表示
朝鮮国際旅行社
各種表記
ハングル 조선국제려행사
漢字 朝鮮國際旅行社
発音 チョソンクッチェリョヘンサ
日本語読み: ちょうせんこくさいりょこうしゃ
MR式
2000年式
英語表記:
Chosŏn kukche ryŏhaengsa
Joseon gukje ryeohaengsa
Korea International Travel Company (KITC)
テンプレートを表示

朝鮮国際旅行社(チョソンこくさいりょこうしゃ、조선국제려행사)とは、朝鮮民主主義人民共和国の国営旅行会社であり、同国最大の旅行会社である。国家観光総局傘下の事業組織の一つであるが、実質的には同一体である。本社は平壌市平川区域1953年8月24日創立。英文略称は、KITC

概要[編集]

観光の契約を引き受け、外国旅行会社と連携し、外国人観光客の受け入れと旅行団の派遣、通訳案内員の派遣、サービス手配、旅程の提案などを行う。通訳案内員には日本語中国語英語などの話者をそろえており、平壌外国語大学出身者で占める。日本人観光客の受け入れは1986年から行われている。

狭義の観光旅行手配の他、遺跡や教育・文化・産業視察などのテーマ旅行も手配可能。モデルプランのみならず旅行予定者の希望による旅程の手配も可能で、希望にあわせて会社が訪問先を押さえる。大概は国外にある代理店を通じて当社に申し込むことになる。外国旅行社が募集している企画旅行にも当社案内員が現地案内を担当することが多い。

一方で、親族訪問や祖国訪問、親善交流、報道目的の旅行などは事業領域外のため取り扱わず、純粋な観光旅行であっても記者には観光査証が下りないため、受け入れないことになっている。この件については代理店側が注意するよう求めている[1]。日本の総代理店では報道・警察・自衛隊関係者には査証が下りない旨案内している[2]。これは1990年代以降日本人記者が身分と目的を偽って滞在したり、観光客撮影の映像を日本のテレビ局が使用(事実上の取材代行)したことがあるため従来より厳しくなったものである。

外国人が朝鮮民主主義人民共和国を観光旅行するにあたっては当社のような旅行会社と契約すなわち招聘されなければ査証申請そのものができないため、平壌経由で入国する外国人観光客にとっては大抵の場合関わりを持つことになる会社である。会社は受け入れた外国人観光客の滞在中の責任を持つ。

沿革[編集]

国外の事務所[編集]

総代理店[編集]

代理店[編集]

その他の旅行会社[編集]

朝鮮民主主義人民共和国には他に下記のような旅行会社(広義)がある。なお日本語訳には表記ゆれがある。

原則的には現在もソ連型社会主義国であり、表立った企業活動は全て国営である同国において多数の旅行会社が存在するのは、非居住者旅行の受入部門が分野毎に分かれているためである。例えば「外国人観光」は当社が、「スポーツ交流」は他社が、「在外邦人の祖国訪問」はまた別の組織が受け入れを行うといった具合でそれぞれ母体となる国家機関が異なった(縦割り)。ただし21世紀に入る頃から当社以外の旅行会社も直接的に外国人観光客を受け入れることがあり、外国人観光においてはそれぞれ元来の事業範囲の超越が見られるようになっている。
国家観光総局傘下(いわば姉妹会社)
  • 国際青少年旅行社(平壌市普通江区域) - 主要旅行社の一つ。一般分野にも進出している[3]
  • 朝鮮国際体育旅行社(KISTC)
  • 観光宣伝通報社 - 厳密には旅行会社ではなくプロモーション会社
体育委員会傘下
  • 朝鮮国際金杯旅行社(平壌市万景台区域西山洞) - 主要旅行社の一つ。スポーツ交流専門旅行社であるが、観光分野にも進出している[3]
対外経済委員会傘下
  • 金剛山国際観光総会社(平壌市中区域)
地域別旅行社
  • 羅先観光旅行社(羅先市駅前洞) - 羅先市観光管理局傘下の旅行社。小規模であるが、いわゆる経済特区であったことが明らかな時期には特区の権限の下独占的な外国人受入旅行社であったと見られる。現況は不明。
  • 白頭山旅行社
  • 妙香山旅行社
  • 七宝山国際旅行社 - 1998年設立。現地案内を一手に引き受ける。[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝鮮国際旅行社の手配部長
  2. ^ 朝鮮入国査証のご案内
  3. ^ a b 「8月から「アリラン」旅行者増加予想 観光客受け入れ準備着々」朝鮮新報2008.6.13
  4. ^ 「名山の魅力伝える案内人 七宝山国際旅行社ガイド」朝鮮新報2008.11.10

外部リンク[編集]