朝寝坊むらく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝寝坊 むらく (あさねぼう むらく)は、落語家名跡。現在は空き名跡となっている。

初代三笑亭可楽門下の夢楽が名前を勝手に夢羅久と改名したのを機に師匠と不和になり、亭号を「朝寝房」と変えたと言われる。2代目以降は「朝寝坊むらく」と名乗っている。むらく門下から生まれた名前に朝寝坊のらくがある。

初代・朝寝房夢羅久[編集]

初代 朝寝房 夢羅久あさねぼう むらく
本名 里見 晋兵衛
生年月日 1777年
没年月日 1831年3月1日
出身地 日本の旗 日本
師匠 富竹宮戸太夫
初代三笑亭可楽
烏亭焉馬
名跡 1. 戸志太夫
2. 珍蝶亭夢楽
3. 新蝶亭夢楽
4. 三笑亭夢羅久
5. 初代朝寝房夢羅久
6. 笑語楼夢羅久
7. 朝寝房むらく
活動内容 義太夫
江戸落語

初代朝寝房 夢羅久安永6年(1777年)(逆算) - 天保2年1月17日1831年3月1日))は、落語家。本名は里見晋兵衛。幼名を勝蔵。

江戸麻布一口坂の生まれ、質屋「伊勢義」を奉公した後義太夫富竹宮戸太夫の門下で戸志太夫と名乗る。このころ流俗亭玖重(一説には玖蝶)の狂名また珍重という俳名を持っていた。

享和3年(1803年)に初代三笑亭可楽の門下で珍蝶亭夢楽を経て新蝶亭夢楽。同じ可楽門下には初代の林家の始祖。怪談噺の元祖と言われる初代林屋正藏がいる。文化6年(1809年8月28日に夢羅久と改名し盛大に咄を催した。しかし勝手に改名したことから師匠と不和になり破門され、これを機に亭号を「朝寝房」と変えたと言われる。その後は烏亭焉馬門下に入って笑語楼夢羅久と名乗った。また文政以降は「朝寝房むらく」の名も見える。

人情噺を一番初めに演じた人物であると言われており、師匠可楽を凌ぐ実力の持ち主であったと伝えられる。天保2年没、月日に関しては諸説あり。享年55。

門下には2代目むらくがいる。

2代目[編集]

2代目 朝寝坊 むらくあさねぼう むらく
本名 日吉 善蔵
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代船遊亭扇橋
烏亭焉馬
初代朝寝房夢羅久
名跡 1. 不詳
2. 初代立川金馬
3. 談志楼金馬
4. 2代目朝寝坊むらく

2代目朝寝坊 むらく生没年不詳)は、落語家。本名は日吉善蔵。

13歳の時に初代船遊亭扇橋の下に入門、芸名は不明。後に烏亭焉馬門下で初代立川金馬を名乗った。談志楼の亭号を使っていた時もあった。文化10年(1813年)に大のし楼で盛大に咄を催した。その後初代夢羅久に随身する。天保2年(1831年)5月に金馬の名を弟子の立川金山に譲り2代目むらくを襲名。享年などは不明。

門下には3代目立川金馬、紫檀楼古喜(紫檀楼古木)、初代立川善馬がいる。

3代目[編集]

後の4代目三笑亭可楽安政3年(1830年)3代目むらくを襲名。通称「爆弾の可楽」。

4代目[編集]

4代目 朝寝坊 むらくあさねぼう むらく
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代春風亭柳枝
名跡 1. 春風亭小さん
2. 雁の家小さん
3. 4代目朝寝坊むらく

『落語家奇奴部類』には「神田住 千歳屋小さん うかれぶしなぞく合を好クシ俗蒔絵師ナリ」とあるのが、このむらく(初代小さん)の前身であろうそのころの屋号は「千歳屋」で初代豊島寿鶴斎の系統の芸人であったと推測される。

その後初代春風亭柳枝の門下になり春風亭小さんとなった。1875年には雁の家小さんと改めた。その後さらに4代目むらくを名乗った。

生没年、本名等不詳。一説には1879年ころに死去したとも。

門下には春風亭柳賀柳亭燕楽柳家小まん(のちの4代目橘家圓蔵の門下の三遊亭桃生)がいる。

5代目[編集]

5代目 朝寝坊 むらくあさねぼう むらく
本名 鹿島 五兵衛
生年月日 1829年
没年月日 1898年4月26日
出身地 日本の旗 日本
師匠 司馬才次郎
2代目三遊亭圓生
初代三遊亭圓朝
名跡 1. 不詳
2. 司馬才次郎
3. 司馬孫三
4. 桃月庵白酒
5. 月ノ家圓鏡
6. 桃栗山人
7. 三遊亭圓鶯
8. 5代目朝寝坊むらく
活動期間 ? - 1898年
所属 三遊派

5代目朝寝坊 むらく文政12年(1829年) - 明治31年(1898年4月26日)は、落語家。本名は鹿島五兵衛。

江戸小伝馬町の生まれ、最初は司馬才次郎門下に入る。師名才次郎を相続後、名を孫三と変えた後に2代目三遊亭圓生の門下で桃月庵白酒と名乗る。1868年ころに月ノ家圓鏡から明治一ケタ代に桃栗山人と改名。明治20年代初めに初代三遊亭圓朝の門下で圓鶯と名乗った後、明治20年代に5代目むらくを襲名。

三題噺を得意とした。圓朝より2年先に死去した古老のひとり、地方廻りで活躍。1898年没。享年70。

6代目[編集]

6代目 朝寝坊 むらくあさねぼう むらく
本名 永瀬 徳久
生年月日 1859年
没年月日 1907年1月6日
出身地 日本の旗 日本
師匠 4代目三遊亭圓生
名跡 1. 三遊亭圓喬(1884年 - 1890年)
2. 露の五郎兵衛(1890年 - 1891年)
3. 笑福亭圓寿(1891年 - 1892年)
4. 永瀬徳久(1892年 - ?)
5. 笑福亭圓寿(? - 1896年)
6. 三遊亭圓相(1896年 - 1897年)
7. 全亭武生(1897年 - 1898年)
8. 6代目朝寝坊むらく(1898年 - 1907年)
活動期間 1884年 - 1907年
配偶者 初代立花家橘之助(のちに離婚)
所属 三遊派

6代目朝寝坊 むらく安政6年(1859年) - 明治40年(1907年1月6日)は、落語家。本名は永瀬徳久。

素人時代から本名で壮士として政談演説を主催していた。1884年ころに長崎4代目三遊亭圓生の門下で三遊亭圓喬(無断に名乗ったので公認の代数に数えられていない)と名乗っている。1889年ころ活動の拠点を京都の笑福亭に移し、1890年中ごろに一時京都ゆかりの名前露の五郎兵衛を名乗ったこともあるが、1891年8月に笑福亭圓寿と改名し人気を博していた。翌年上京して三遊派に入り、1892年には本名で寄席に出演している。

その後初代立花家橘之助と恋仲になり、1893年3月に2人で名古屋へ駆け落ちに走る。ここで2世曽呂利新左衛門を出会ったのを機に、大阪の寄席に出演するようになる。圓寿から1896年8月には三遊亭圓相となり、後に東京に戻って1897年1月に全亭武生と改め、1898年に6代目むらくを襲名。

1899年、後の永井荷風はこのむらくの門下に入って夢之助を名乗っていたが、半年後に寄席に出演していたところを父・永井久一郎の使用人に見つかったため、家に連れ戻されてしまったという。

1906年の11月ころから肺病にかかって体を壊し、翌年死去、没後離婚していた立花家橘之助が葬儀などをすべて行った。享年49。

7代目[編集]

後の3代目三遊亭圓馬1909年に7代目むらくを襲名。当時は立花家橘之助門下。本名は橋本卯三郎。

8代目[編集]

8代目 朝寝坊 むらくあさねぼう むらく
本名 籾山 藤朔
生年月日 1882年6月19日
没年月日 (1931-01-01) 1931年1月1日(48歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 3代目柳家小さん
3代目春風亭柳枝
名跡 1. 柳家小里ん(1895年 - ?)
2. 春風亭枝女好(時期不明)
3. 春風亭千枝(? - 1904年)
4. 初代春風亭柳曻(1904年 - 1907年)
5. 2代目春風亭小柳枝(1907年)
6. 初代春風亭柳曻(1907年 - 1910年)
7. 春風亭柳生(1910年 - 1911年)
8. 初代春風亭柳曻(1911年 - 1916年)
9. 8代目朝寝坊むらく(1916年 - 1931年)
活動期間 1895年 - 1931年
所属 睦会

8代目朝寝坊 むらく1882年6月19日 - 1931年1月1日)は、落語家。本名は籾山藤朔。通称「酔払いむらく」「柳昇むらく」、柳曻時代は「横浜の柳曻」。

愛知の生まれ、少年期に父の反対を押し切り上京、最初は1895年ころに3代目柳家小さん門下で柳家小里んとなる。明治30年代前半に3代目春風亭柳枝の門下で春風亭枝女好、明治30年代半ばに春風亭千枝(せんし)としたが日露戦争に従軍していたため「戦死」と音が同じで縁起が悪いので1904年5年ころに初代春風亭柳曻(りゅうしょう)とした。除隊後は高座で戦争体験を演じ、これが人気を博した。柳家金語楼兵隊落語はこれをヒントにしたといわれる。

1907年11月には師匠の前名である2代目春風亭小柳枝を名乗るも、無断に襲名したため翌年2月に取り上げあげられて柳昇と戻し師匠の所に入られなくなり1910年ころ上方に移り柳生と名乗ったという。「睦会」が結成された時に周囲から東京に呼び戻されて、1911年ころに再び柳昇で活動し始める。1916年11月には8代目むらくを襲名し盛大に襲名披露を行った。

得意ネタは『らくだ』『替り目』『胴乱の幸助』『くやみ』など。まだ柳昇を名乗っていた時期に、自ら5代目三遊亭圓生のもとを訪れて、絶やしてしまうのは惜しいからこの噺はぜひ覚えて演ってくれ、といって『らくだ』と『胴乱の幸助』を5代目圓生に、『くやみ』を6代目三遊亭圓生に稽古付けている。その時一緒にいて『らくだ』を聞いた6代目圓生は、むらくの芸の実力に感心したという。晩年は耳を患ったため、聞こえが悪くなり高座から退いた。1931年、死去。満48歳没。

死後身寄りもなく遺骨もそのままだったが、没年11月4日に9代目(後の柳亭芝楽)が浅草今戸町の勝運寺に遺骨を納め法要を行なった。

9代目[編集]

後の柳亭芝楽。本名は伊東豊。

三笑亭夢楽[編集]

その後、1951年に前座であった古今亭今夫が、8代目三笑亭可楽門下に移って二つ目に昇進する時に三笑亭夢楽と改名。初代夢羅久以来久し振りに夢楽の名が復活した。夢楽が死去した2005年以降、朝寝坊むらく・三笑亭夢楽を名乗る落語家はいない。

参考文献[編集]