月の家圓鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三ツ組橘は、月の家圓鏡の定紋である。

月の家 圓鏡(つきのや えんきょう)は、落語名跡。当代は6代目(落語協会HPでは4代目となっている)。月の家は月ノ家、月廼家とも書く。

  • 初代月の家圓鏡 - 柳橋の太鼓持ち。後の5代目朝寝坊むらく。亭号は不明だが、恐らく三遊亭ではないかと思われる。
    • 初代と2代目との間に柳家金太夫が一時名乗ったとの説があるが、詳細不明。
  • 2代目?月の家圓鏡 - 市原虎之助。後の3代目三遊亭圓遊
  • 3代目月の家圓鏡 - 本名:菊田勝太郎。前名は燕雀。柳亭小燕枝(後の3代目柳亭燕枝)門下。詳細は不明。
    • 3代目と4代目の間に後の3代目柳亭市馬(柴田一)が一時名乗ったと言われているが、詳細不明。
  • 4代目月の家圓鏡 - 後の7代目橘家圓蔵。圓鏡時代に入門した弟子では林家三平(それまで師匠であった実父7代目林家正蔵の死による移籍)や5代目圓鏡が有名である。
  • 5代目月の家圓鏡は、1965年(昭和40年)4月に襲名。前名は橘家舛蔵。70年代を中心に多くのテレビ番組で活躍し、圓鏡と聞くとこちらの先代を思い出す人も未だに多い。1982年(昭和57年)に8代目橘家圓蔵襲名。
  • 6代目月の家圓鏡 - 月の家圓鏡 (6代目)を参照。