三遊亭圓生 (5代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
5代目 三遊亭 圓生さんゆうてい えんしょう
5代目 三遊亭 圓生
五代目圓生夫妻
本名 村田 源治
別名 デブの圓生
生年月日 1884年10月
没年月日 1940年1月23日
出身地 日本の旗 日本・東京
師匠 4代目橘家圓蔵
弟子 橘家花圓蔵(本名:川崎仙太郎)
三遊亭圓吉(本名:坂崎角次郎)
橘家圓晃
6代目橘家圓好(菊島春三郎、後に廃業)
2代目(3代目とも)三遊亭百生
名跡 1. 橘家二三蔵(1905年 - 1909年)
2. 橘家小圓蔵(1909年 - 1912年)
3. 3代目三遊亭圓窓(1912年 - 1922年)
4. 5代目橘家圓蔵(1922年 - 1925年)
5. 5代目三遊亭圓生(1925年 - 1940年)
活動期間 1905年 - 1940年
活動内容 江戸落語
家族 5代目三遊亭圓窓(実弟)
三遊亭桃生(堀江元次郎)(養父)
6代目三遊亭圓生(義理の息子)
所属 三遊派
東京演芸会社
東西会
睦会
三語楼協会(1927年 - 1930年)
落語睦会(1930年 - 1934年)
東京落語協会(1934年 - 1940年)
備考
落語睦会会長(1934年)

5代目三遊亭 圓生(さんゆうてい えんしょう、1884年明治17年)10月 - 1940年昭和15年)1月23日)は、東京の落語家。本名、村田源治。通称「デブの圓生」。(約85キロもある巨体であったため)。弟は5代目三遊亭圓窓6代目三遊亭圓生は義理の息子(妻の連れ子)。また一時兵役逃れで4代目三遊亭圓生門下の三遊亭桃生(堀江元次郎)の養子になっていたことがある。

来歴・人物[編集]

下総八街の宿屋「梅屋」の家に生まれ、父は入婿で芝愛宕下で大工をしていた、6歳で実父は出奔、親戚に預けられ14歳で足袋店に奉公するなど、波瀾に満ちた少年時代を送る。1902年(明治35年)の19歳で奉公先を飛び出し剣舞の日比野雷風一座(日比野雷風正吉)に1、2年程加わったり旅回りの一座に加わるなど苦労を重ね、1905年(明治38年)に旅回りの一座で知り合った4代目橘家圓蔵一門に入り、橘家二三蔵となる。1909年(明治42年)橘家小圓蔵で二つ目、新進気鋭の若手として注目され、1912年(明治45年)に3代目三遊亭圓窓を襲名し真打昇進。

1915年大正4年)3月には当時では珍しく講釈師坂本富岳らとともに落語家として初めて横浜から渡米して興行。1916年(大正5年)9月に帰国。師匠圓蔵ともども落語界の重鎮として活躍。師匠圓蔵の死後、1922年(大正11年)2月、5代目橘家圓蔵を襲名し、一門を率いると共に関東大震災を挟んで芝宇田川町で寄席「三光亭」を経営にも乗り出した。4代目圓窓は義理の息子である5代目三遊亭圓好(後の6代目三遊亭圓生)が襲名した。1925年(大正14年)1月、5代目三遊亭圓生を襲名。6代目圓蔵は4代目圓窓(後の6代目圓生)が襲名し、5代目圓窓は実弟三遊亭圓都が襲名した。この間所属の演芸会社を脱退、以降東西会、睦会に所属。1927年(昭和2年)には初代柳家三語楼の落語協会入り。1930年(昭和5年)睦会復帰し1934年(昭和9年)に同会会長に就任もすぐに脱退し東京落語協会に移籍。

得意ネタは前述の「首提灯」のほか「三十石」「お若伊之助」「文七元結」「らくだ」「三年目」「夢金」など、相撲取りのような身体なのに高座で娘を演じると、はたして娘に見えたと言う伝説を持つ。また、単行本や雑誌などに数多くの速記を載せている。

1940年(昭和15年)1月に風邪気味をおして寄席に出演、「首提灯」を演じる。帰宅し雑煮を食べた後容態が悪化、同月15日死去。

残されているSPレコードは少ない。墓所は世田谷区永隆寺

主な弟子[編集]

関連項目[編集]