朝倉匠子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝倉 匠子(あさくら しょうこ、本名:由利 匠子[1]1956年10月7日 [1]- )は、日本タレントモデル、美容研究家。広島県広島市出身、東京育ち。

経歴[編集]

私立四谷雙葉学園青山学院大学英米文学部卒業(1979年)。在学中から資生堂コカ・コーラなどのCMモデルとして活躍した。1982年日本テレビ系列深夜番組11PM』で愛川欽也が担当した水曜イレブンのアシスタントに抜擢される。水曜日はサブ司会を今野雄二が務め、お色気はあまりなく流行の音楽映画ファッションなどのサブカルチャーを主に紹介したが、朝倉の都会的で華やかながら落ち着いた雰囲気は好感を持たれた。また当時のタレントの中では飛び抜けた美女だった。1986年までの約4年間アシスタントを務めた後、結婚して仕事を辞め渡米。

子供が生まれ10年専業主婦をしていた間に、自分でお金を稼ぐという緊張感は女性が美しく年をとるためには必要、と仕事に復帰。新しい歳の重ね方「アクティブ・エイジング」を提唱し、資生堂などが参加する「NPO法人アンチエイジングネットワーク」の顧問、「エイジング・ナビ総合研究所」所長、(財)シニアルネサンス財団理事などを務め、著書、講演などで美容研究家として活躍している。また「子供地球基金」理事としてのボランティア活動や日本経済新聞などで経済人インタビュー、母校・青山学院大学経営学部の非常勤講師なども務めている。現在も50歳とは思えない『11PM』の頃とさほど変わらない美貌を保っている。

私生活では離婚歴があり、51歳のときに再婚している。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

著書[編集]

  • NPO―愛を力に変えるシステム ブロンズ新社(1997年)
  • 35歳からの美人道、文藝春秋(2001年)
  • 「キレイ」革命、ベストセラーズ(2002年)
  • 「男」再生プログラム、新潮社(2003年)
  • 自分力の鍛え方、ソーテック社(2006年)
  • エイジング革命―20代よりカッコよく、30代より動ける身体に変わる ソーテック社 (2007年)
  • 愛され美肌 講談社 (2008年)
  • できる男の活力マネジメント ディスカヴァー・トゥエンティワン (2009年)
  • 朝倉流・アクティブエイジング!美しく年を重ねる生活術 リヨン社 (2009年)

参考文献[編集]

  • 雑誌HERS 光文社 2008年6月号、65頁

出典[編集]

  1. ^ a b 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、28頁。ISBN 978-4-8169-1852-0

外部リンク[編集]