曽村保信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曽村 保信(曾村保信、そむら やすのぶ、1924年9月15日 - 2006年7月20日)は、日本政治学者、外交史研究家。

東京出身、在学時に学徒出陣帝国海軍に入隊。1947年東京大学法学部卒業。東京外国語大学講師、東京理科大学教授戦略国際問題研究所研究員を歴任。国際法国際政治が専門で、地政学の再評価を行った。

著書・編著[編集]

  • 『近代史研究 第1 日本と中国』小峰書店、1958、改訂新版1977
  • 『現代中国論』小峰書店、1970
  • 『海洋と国際政治』小峰書店、1970
  • 『世界の海をめぐって 近代海洋戦略の変遷』原書房、1971
  • 『現代史ノート 日中ソと世界の戦略』日本教文社、1972
  • 『地政学入門 外交戦略の政治学』中公新書、1984.3、改版2017.7 
  • 『ペリーは、なぜ日本に来たか』新潮選書、1987.4
  • 『海の政治学 海はだれのものか』中公新書、1988.3 
  • 『海の生命線 シーレーン問題の焦点』(阿曽沼広郷と共編) 原書房、1983.6

翻訳[編集]