暑熱馴化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

暑熱馴化(しょねつじゅんか、: heat adaptability)とは、徐々に体を暑さ順応させることである。暑熱順化とも表記される。

方法[編集]

発汗を促すことと、環境温度を見直すことに大別できる[1]。前者ではウォーキングジョギング自転車などの運動、半身浴サウナも効果がある[2]。運動環境の湿度は低い方が効果が高く、若年層においては、有酸素運動が比較的有効である[3]

後者では半袖且つ厚着をせずに快適にいられる程度に冷房の設定温度を高めに設定し(使わないというわけではない)、朝夕は室内に外気を取り入れる方法がある。いずれの場合でも、適切な水分補給は不可欠である[1]

効果[編集]

新陳代謝および発汗機能の向上に有効である[4]汗腺の働きが活発になり、発汗量が増加するものの塩分は汗腺導管部で再吸収されることから塩分喪失が抑制される[5]。汗は塩分が少なくサラサラになり、水分補給により体液バランスが回復しやすくなることから、熱中症になりにくくなる[2]。発汗反応の効果は胴体に比べ、など末梢部の方が高く現れる[6]。馴化は概ね1週間ないし10日で整えることが出来るが[1]、運動強度を上げることにより、効果を早めることが出来る[7]

脚注[編集]