春日山神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
春日山神社
Kasugayama jinjya 1.jpg
所在地 新潟県上越市大豆1743
位置 北緯37度8分50.9秒 東経138度12分32.0秒 / 北緯37.147472度 東経138.208889度 / 37.147472; 138.208889
主祭神 上杉謙信命
社格 旧県社
創建 明治34年(1901年)
本殿の様式 神明造
例祭 5月5日・9月13日
テンプレートを表示

春日山神社(かすがやまじんじゃ)は、新潟県上越市春日山山腹にある神社

祭神[編集]

山形県米沢市上杉神社より分霊された上杉謙信命を祀る。

由緒[編集]

明治20年(1887年)、祭神の遺徳を慕う旧高田藩小川澄晴(童話作家小川未明の父)が発起し、前島密らの援助を受けて同34年(1901年)に創祀された。

社殿[編集]

本殿は神明造である。

境内[編集]

境内にある宝物館には上杉謙信や小川未明に関する資料が展示され、正月には初詣二年参りなどの大勢の参拝客で賑わう。

先述のとおり小川未明の父・澄晴を中心に創建され、小川未明は15歳頃から20歳頃まで春日山神社境内の住居に住んでいた[1]。1956年(昭和31年)11月17日、春日山神社境内に小川未明の詩碑が建てられ除幕式が行われた[1]

雑記[編集]

新潟県糸魚川市にある落水城城址には、春日山神社より勧請したが建立されている。

出典[編集]

  1. ^ a b 小埜裕二. “小川未明の雲”. 小川未明文学館紀要第1号. 2022年5月16日閲覧。

外部リンク[編集]