早川孝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

早川 孝太郎(はやかわ こうたろう、1889年(明治22年)12月20日 - 1956年(昭和31年)12月23日)は、日本の民俗学者画家[1]

経歴[編集]

愛知県南設楽郡長篠村(現・新城市)出身[1]。画家を志して松岡映丘に師事、映丘の兄柳田國男を知り、民俗学者となる[1]。愛知県奥三河の花祭と呼ばれる神楽を調査し、1930年『花祭』を刊行[1]。農山村民俗の実地調査を行った[1]

著書[編集]

  • 『猪・鹿・狸』郷土研究社、1926、のち角川文庫講談社学術文庫 2009
  • 『羽後飛島図誌』炉辺叢書32 郷土研究社、1925
  • 『三州横山話』炉辺叢書3 郷土研究社、1921、名著出版 1976
  • 『花祭』岡書院 1930、講談社学術文庫 1979、国書刊行会 1988、岩崎美術社 1985 新版1995
  • 大蔵永常』私家版 1938、山岡書店 1943
  • 『農と稗』農村更生協会、1939
  • 『稗と民俗』農村更生協会、1939
  • 『古代村落の研究 黒嶋』文一路社、1941
  • 『農と農村文化』ぐろりあ・そさえて、1941
  • 『農と祭』ぐろりあ・そさえて、1942
  • 『佐賀県稲作坪刈の研究』農林省農業綜合研究所、1950
  • 早川孝太郎全集』全12巻、未來社、1971-2003、オンデマンド版2007。宮本常一宮田登
    第1-2巻 (民俗芸能)1971-72
    第3巻 (芸能と口承文芸) 1973
    第4巻 (山村の民俗と動物) 1974
    第5巻 (農民問題と農村文化) 1977
    第6巻 (農村更生) 1977
    第7巻 (農経営と技術) 1973
    第8巻 (案山子のことから) 1982
    第9巻 (島の民俗) 1976
    第10巻 (食と儀礼伝承) 1988
    第11巻 (民俗研究法・採訪録)、2000。以下は須藤功編
    第12巻 (雑纂・絵と写真) 2003

共著・編[編集]

  • 『おとら狐の話』柳田国男共著 炉辺叢書2、玄文社、1920
  • 能美郡民謡集』編、炉辺叢書10、郷土研究社、1924、名著出版 1976
  • 『アチックミユーゼアム彙報 第1 愛知県北設楽郡下津具村村松家作物覚帳』校註、1936
  • 加藤三吾『琉球の研究』校訂 文一路社、1941
  • 『戦時国民栄養問題』原徹一共著 霞ケ関書房、1944
  • 宮沢賢治 早川孝太郎』新学社近代浪漫派文庫 2005。『猪・鹿・狸』を収録

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「早川孝太郎氏を悼む」、『民族學研究』第21巻第3号、日本文化人類学会、1957年、 213-214頁、 doi:10.14890/minkennewseries.21.3_213(一部212頁にも記載あり)

評伝・参考文献[編集]

  • 福田アジオ「早川孝太郎:その研究と方法」『日本民俗学のエッセンス:日本民俗学の成立と展開』ぺりかん社〈ぺりかん・エッセンス・シリーズ〉、1994年、増補版、193-209頁。
  • 須藤功 『早川孝太郎 民間に存在するすべての精神的所産ミネルヴァ書房日本評伝選〉、2016年

参考リンク[編集]