旧辻元家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旧辻元家住宅
(平野郷屋敷)
Old Tsujimoto House Osaka Japan02n.jpg
主屋
所在地 〒547-0004 大阪府大阪市平野区加美鞍作1-3-19
位置 北緯34度37分35.2秒
東経135度33分58.2秒
類型 近世和風建築
形式・構造 木造、瓦葺
敷地面積 3630平方メートル
延床面積 2650平方メートル
建築年 江戸時代初期
テンプレートを表示
「くらしの博物館」展示館

旧辻元家住宅(きゅうつじもとけじゅうたく)は平野郷鞍作(現・大阪市平野区加美鞍作)の豪農辻元家の本宅として江戸時代初期に建設された近世和風建築である。通称は平野郷屋敷。約1100坪の敷地に、主屋をはじめ長屋門、蔵5棟、茶室が建っており、床面積合計は約804坪に及ぶ。敷地の多くを占める日本庭園は、大阪万博の日本庭園を手がけた木戸雅光による作庭である。

1990年からレストランがんこ平野郷屋敷」の施設となり、また1993年からは「平野町ぐるみ博物館」を構成する施設となって、屋敷内に「くらしの博物館」が設けられた。

くらしの博物館[編集]

主展示室である衣装蔵のほか、屋敷内のいたる所に、辻元家が所有していた絵画、茶器などを展示公開している。

主な所蔵品[編集]

施設[編集]

  • 主屋
  • 茶室
  • 長屋門 - 供待ち付き
  • 内蔵
  • 米蔵
  • 衣装蔵 - 「くらしの博物館」展示館
  • 味噌蔵
  • 炭蔵
  • 日本庭園 - 木戸雅光による作庭

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]