高瀬川二条苑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高瀬川二条苑
Takasegawa Nijoen Kyoto Japan04s3.jpg 
所在地 京都府京都市中京区木屋町通二条下ル東生洲町484-6
位置 北緯35度0分45.9秒
東経135度46分14.9秒
類型 近代和風建築
形式・構造 木造、瓦葺
テンプレートを表示

高瀬川二条苑(たかせがわにじょうえん)は、1611年慶長16年)、高瀬川開削者である豪商角倉了以がその源流に建設した別邸跡にある日本庭園である。高瀬川源流庭苑とも呼ばれる。庭園の一角には、江戸時代初期に小堀遠州により作られた茶庭が現存する。

明治時代になって、元勲山県有朋が当地に第二無鄰菴と称される別邸を建設した。このときに庭園は、無鄰菴を作庭した小川治兵衛により改修され、現在に至っている。山県以降は、日本銀行総裁川田小一郎らが当地に別邸を構えていた。

現在は日本料理レストラン「がんこ高瀬川二条苑」となっている。 

園内[編集]

  • 虎石
  • たがそでのつくばい
  • 茶室
  • さざれ石
  • 茶庭 - 小堀遠州作
  • 一枚岩の滝
  • 化け燈籠
  • 吾妻屋風燈籠 - 日本最大の燈籠

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 現地案内板(2012年6月16日閲覧)
  • 「がんこ お屋敷のご案内」(がんこフードサービス発行の小冊子)(2012年9月1日閲覧)
  • 「がんこ高瀬川二条苑 高瀬川源流庭園絵巻」(がんこフードサービス発行)(2012年9月1日閲覧)

外部リンク[編集]

  • がんこフードサービス株式会社. “高瀬川二条苑”. お屋敷. 2015年2月10日閲覧。
  • 佐々木博昭. “がんこ 高瀬川 二条苑”. かけ橋 日本と世界 Bridge -Japan and the World - El Puente : Japon y el Mundo. 2015年2月10日閲覧。