日羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日羅(にちら、? - 583年12月)は、6世紀朝鮮半島にあった百済の王に仕えた日本人。父は火(肥後国)葦北(現在の葦北郡八代市国造刑部靭部阿利斯登(ゆげいべのありしと)。

父阿利斯登は宣化天皇の代に朝鮮半島に渡海した大伴金村に仕えた九州出身の武人で、日羅は百済王威徳王から二位達率(だっそつ)と極めて高い官位を与えられた倭系百済官僚であった。敏達天皇の要請により583年日本に帰国し、阿斗桑市(あとくわのいち)の地に館を与えられた。朝鮮半島に対する政策について朝廷に奏上した。その内容が 人民を安んじ富ましめ国力を充実したうえで船を連ねて威を示せば百済は帰服するであろうことや、百済が九州に領土拡大を謀っているので防御を固め欺かれぬようにすべきこと等の 百済に不利な内容であったため、同年12月に百済人によって難波で暗殺された。物部贄子大伴糠手子により小郡の西畔丘に埋葬され、後に葦北に移葬されたたとされる。

聖徳太子伝暦今昔物語などでは、聖徳太子が師事した、百済の高僧であるとされている。

墓は父阿利斯登の縁の地である熊本県八代市坂本町百済来下馬場の百済来地蔵堂前に現存する[1] 大分県大野川流域や宮崎県などに多くの密教系寺院を開基し、磨崖仏を建立し、坊津にその名称の起源となった龍厳寺(後の真言宗一乗院)3坊を創建したとされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^
    • 日羅公伝』によれぱ、墓は現在の八代市坂本町百済来下の地蔵堂前にあることが記されている。
    • 新羅国志』に、「久多良木村の馬場に地蔵堂あり。是は日羅を葬れる所と云伝ふ。」と記されている。
    • 『百済来村久多良木地蔵堂文書』に、「久多良木字馬場の地蔵堂は、目羅墓所の印として建立した」と記されている。熊本県津奈木町(つなぎまち)福浜とも伝わる
  2. ^ 小川町史編纂委員会編纂『小川町史』小川町役場(熊本県)、1979年、92-93頁

関連書籍[編集]