日本銀行本店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本銀行本店本館
日本銀行本店別館
日本銀行本店新館
日本銀行本店空撮

日本銀行本店(にっぽんぎんこうほんてん)は、日本の銀行建築。東京都中央区日本橋本石町2丁目1番1号に所在する。東京の建築遺産50選に指定されている[1]

概要[編集]

元々この地は金貨を鋳造する金座の長を代々務めていた後藤家の屋敷があった。しかし、慶応4年4月17日(1868年5月9日)、金座および銀座は明治新政府に接収されることになり、太政官に設けられた貨幣司の下、十四代目の後藤吉五郎光弘二分判などの貨幣の製造を取り仕切った。が、明治2年2月5日(1869年3月17日)には貨幣司も廃止されて金銀座関係者は解任されてしまった。明治5年4月(1872年)、吉五郎光弘は大蔵省より本町の後藤屋敷からの退去を命じられ、建物は解体されることになった。

本館[編集]

設計は辰野金吾で、ベルギー国立銀行を参考に1896年明治29年)2月竣工した。1891年(明治24年)に発生した濃尾地震の教訓から、高橋是清の指示で建物上部を軽量化し耐震性を高めることを決定、2階3階は煉瓦造石貼りに変更された。1974年2月5日に国の重要文化財に指定されている [2]

別館[編集]

設計は辰野の弟子の長野宇平治

新館[編集]

設計、松田平田設計。構造は、SRC造。地上10階地下5階。1973年に竣工。

南分館[編集]

2階に貨幣博物館、6-7階に日本銀行金融研究所

参考文献[編集]

  • 東秀紀「東京駅の建築家 辰野金吾伝」
  • 松葉一葉「帝都復興せり! 「建築の東京」を歩く」

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京の建築遺産50選(日本銀行本店)
  2. ^ 国指定文化財データベース(日本銀行本館)

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分12.6秒 東経139度46分17.1秒