日本複製権センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本複写権センターから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
公益社団法人日本複製権センター
団体種類 公益社団法人
設立 2012年4月1日
所在地 東京都港区愛宕一丁目3番4号
愛宕東洋ビル7F
法人番号 8010405010536
起源 日本複写権センター
主要人物 土肥一史(代表理事理事長)
瀬尾太一 (代表理事副理事長)
基本財産 20,000,000円
会員数 3正会員
ウェブサイト https://jrrc.or.jp/
テンプレートを表示

公益社団法人日本複製権センター(こうえきしゃだんほうじんにほんふくせいけんセンター、英語: Japan Reproduction Rights Center ;JRRC)は、複写に係る権利を集中管理し、複写使用料を徴収し、権利者に分配する目的で作られた公益社団法人。元文部科学省所管。会員団体は著作者団体連合一般社団法人学術著作権協会、一般社団法人新聞著作権協議会。設立から2012年3月まで用いられた旧称は日本複写権センター。

概要[編集]

著作権法上、著作物を複写する権利は著作権者が専有するが、一方で複写機の普及によって複写に必要な許諾手続きの簡素化が求められるようになった。そうした流れの中で複写にまつわる著作権の一括管理組織として、1991年(平成3年)に設立された。

複写権センターは、権利者団体から著作権の委託を受け、複写の使用者との個別の複写許諾/使用料徴収を行う他に、企業・団体など複写機を設置した組織と包括契約を結び、それによって年額単位での複写使用料を受け取り、これを権利者団体に分配している。日本国内の著作権だけではなく、国外の同様の団体とも提携を進めており、国内における窓口となっている。

沿革[編集]

  • 1991年9月30日:設立
  • 1998年10月:社団法人許可取得
  • 2001年:著作権等管理事業者登録
  • 2002年:指定著作権等管理事業者に指定
  • 2012年4月1日:公益社団法人「日本複製権センター」に改組

構成団体[編集]

複写権マーク[編集]

複写権マーク(ふくしゃけんマーク)、Rマーク(アールマーク)は、日本複写権センターに委託された出版物であることを示す記号である[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デジタル大辞泉『Rマーク』 - コトバンク、2012年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]