日本独文学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本独文学会(にほんどくぶんがっかい、Japanische Gesellschaft für Germanistik、略称JGG)は、ドイツ語ドイツ文学の研究および普及に貢献することを目的とする日本の学会。広くドイツ語ドイツ文学に関心を有する者をもって組織されている。主な事業は、研究発表会・講演会の開催、各種の研究部会・委員会による共同の研究ならびに調査、機関誌「Neue Beiträge zur Germanistik(ドイツ文学)」の刊行である。

1947年、相良守峯を理事長として発足。2002年より代表を会長とした。

歴代理事長・会長[編集]

(会長)

  • 池田信雄 2003(東京大学教養学部)
  • 松浦純 2005(東京大学文学部)
  • 平高史也 2007(慶應義塾大学)
  • 前田良三 2009(立教大学
  • 室井禎之(よしゆき)2011(早稲田大学
  • 渡辺学 2013(学習院大学
  • 大宮勘一郎 2015(東京大学文学部)
  • 清野智昭 2017(学習院大学)
  • 宮田眞治 2019(東京大学文学部)[1][2]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ Japanische Gesellschaft für Germanistik - 役員名簿 [役員 Vorstandsressorts(2019年6月8日嘱任 Im Amt seit 08.06.2019) - wiki]”. www.jgg.jp. 2020年1月19日閲覧。
  2. ^ 宮田 眞治 - 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科”. www.l.u-tokyo.ac.jp. 2020年1月19日閲覧。