松浦純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつうら じゅん
松浦 純
Matsuura jun.jpg
日本学士院より公開された肖像写真
生誕 (1949-09-01) 1949年9月1日(73歳)
日本の旗 日本愛知県春日井市
職業ドイツ文学研究者

松浦 純(まつうら じゅん、1949年9月1日 - )は、日本ドイツ文学者[1]東京大学名誉教授[1]日本学士院会員。愛知県春日井市出身。

来歴[編集]

東京都立新宿高等学校卒業、1974年東大教養学科ドイツ分科卒、76年同大学院人文科学研究科独文科修士課程修了、東大助手、西ドイツテュービンゲン大学留学、1980年東京都立大学人文学部講師、1983年助教授、1985年東京大学文学部助教授、ドイツ語学文学振興会賞受賞、1994年教授、人文社会系研究科教授。2015年定年退任、名誉教授。専門はマルティン・ルター

1995年ドイツ連邦共和国大統領よりフィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞受賞[1]。2013年日本学士院賞恩賜賞受賞[1]。2017年日本独文学会[1]。2018年日本学士院会員[2]

著書[編集]

  • 『十字架と薔薇 知られざるルター』岩波書店 1994年

翻訳[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 会員情報 - 松浦純|日本学士院” (日本語). www.japan-acad.go.jp. 日本学士院. 2022年8月20日閲覧。
  2. ^ 新会員の選定について(2018年12月12日)(日本学士院、2019年6月24日閲覧)