相良守峯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相良 守峯(さがら もりお、1895年(明治28年)4月14日 - 1989年(平成元年)10月16日)は、日本独文学者東京大学名誉教授鶴岡市名誉市民(第一号)、勲二等瑞宝章受章、文化勲章受章。贈従三位(没時叙位)、贈勲一等瑞宝章(没時陞叙)。山形県鶴岡市出身。幼名は鈇太郎(おのたろう)だったが、鉄太郎(てつたろう)と間違えられることが多かったため、数え23歳の年の瀬に郡長の許可を得て守峯と改めた(『茫々わが歳月』p.7)。

人物[編集]

木村謹治とともに編纂した独和辞典は「キムラ・サガラ」と呼ばれた。

大独和辞典の編纂やゲーテの研究等でも有名。日本独文学会の創設に貢献した。

略歴[編集]

栄典・称号[編集]

親族[編集]

  • 曾祖父:相良守富 - 庄内藩
  • 伯祖父:相良守均 - 庄内藩士
  • 祖父:相良守典 - 庄内藩士、官吏
  • 父:相良守一
  • 弟:相良守次 - 心理学者
  • 孫:相良陽一郎 - 心理学者、千葉商大教授
  • 姪の長男の岳父:沼野井春雄 - 生物学者、東大教授(『茫々わが歳月』p.302)
  • 女婿 鵜川義之助(1918-2000)ドイツ文学者、大阪大学教授を務めた。

著書[編集]

  • 『ドイツ文章論 歴史的・心理的把握』岩波書店、1941
  • 『独逸人のこころ』白水社 1941
  • ワーグナーの思想と芸術』育生社 1948
  • 『ドイツ中世叙事詩研究』富士出版 1948
  • 『ドイツ語基礎教本 第2』研究社出版 1949
  • 『ゲーテ事典』河出書房 1950
  • 『ドイツ語学概論』研究社出版 1950
  • 『ドイツ文法』岩波書店 1951
  • 『ドイツ文学史』全3巻 角川書店 1954-62
  • 『和独』三修社 1957
  • 『叙事詩の世界 民族の歴史と英雄たち』講談社現代新書 1968
  • 『ドイツ文化と人間像』三修社 1972
  • 『茫々わが歳月』郁文堂 1978

編著[編集]

  • 『独和辞典』木村謹治共編 好文館 1948
  • 『大独和辞典』博友社 1958

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4321号、「叙任及辞令」1941年06月05日。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]