日本アロマ環境協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本アロマ環境協会
団体種類 公益社団法人
設立 2005年
所在地 東京都中央区八重洲一丁目5番20号 石塚八重洲ビル6階
法人番号 2010005018679
起源 日本アロマテラピー協会
主要人物 理事長:宇田川僚一(株式会社生活の木専務取締役)
活動地域 日本の旗 日本
主眼 アロマテラピーの知識の普及、アロマ環境づくりの推進
活動内容 「アロマテラピー検定」他各種検定の実施、「認定スクール制度」の運営他
収入 資格試験、テキスト販売、個人・法人正会員入会金・年会費、セミナー等
基本財産 29億4,815万2,487円(平成25年度資産合計)[1]
従業員数 294名(平成25年)
会員数 個人正会員5万8,000名(平成25年)、法人正会員数/254社(登録会員1,750人)(平成24年)[2]
ウェブサイト http://www.aromakankyo.or.jp/
テンプレートを表示

公益社団法人日本アロマ環境協会(にほんアロマかんきょうきょうかい、Aroma Environment Association of Japan、AEAJ)は、1996年に設立された日本アロマテラピー協会を母体とする、2005年4月1日に設立された公益法人である。元環境省所管。理事精油等の販売を行う日本の会社・株式会社生活の木専務取締役の宇田川僚一。

沿革[編集]

  • 1996年(平成8年)日本アロマテラピー協会設立[2]
  • 2005年(平成17年)社団法人 日本アロマ環境協会設立[2]
  • 2012年(平成24年)公益社団法人 日本アロマ環境協会へ移行[2]

取り組み[編集]

植物に由来する精油を使った西洋民間療法アロマテラピーの普及と発展、個人・法人会員の活動支援サービスの拡充を目指し、アロマテラピー検定等各種民間資格の認定や、資格取得ができる「認定スクール制度」の運営を主に行っている。また、イベント、セミナーシンポジウム、アロマテラピーに関する委託研究などを実施している[3]

民間資格の認定[編集]

以下、日本アロマ環境協会が認定する民間資格である。

  • アロマテラピー検定:平成25年度受験者数 34,939名[4](収益 2億2,020万4,680円[1]
  • アロマテラピーアドバイザー資格:平成25年度新規認定者 6,787名[4](収益 8,668万5,806円[1]
  • アロマテラピーインストラクター資格:平成25年度新規認定者 2,704名[4](収益 5,921万4,000円[1]
  • アロマセラピスト資格:平成25年度新規認定者 1,019名[4](収益 2,767万円[1]
  • 環境カオリスタ検定:平成25年度受験者数 2,240名[4](収益 474万1,800円[1]

表示基準適合精油認定制度[編集]

法人正会員を対象に、次の3項目の遵守を条件に精油ブランドに所定の「認定証」を発行している。あくまで「表示」基準の認定であり、ガスクロマトグラフィーによる成分分析表の提出などは行われない。表示と商品の中身が一致しているか、100%天然であるかなど中身は審査されず、精油の品質を保証するものではない[5]

  1. 精油商品に、定められた「精油製品情報」が整っていること
  2. 精油商品に、定められた「使用上の注意事項」が明記されていること
  3. 協会が求める「企業モラル」を遵守する旨の「確認書」を提出すること

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 貸借対照表平成26年3月31日現在 日本アロマ環境協会
  2. ^ a b c d 日本アロマ環境協会(AEAJ)は4月1日から公益社団法人として新たにスタートします 共同通信PRワイヤー
  3. ^ 活動内容 日本アロマ環境協会
  4. ^ a b c d e 平成25年度 事業報告書 日本アロマ環境協会
  5. ^ AEAJ表示基準適合精油認定制度について日本アロマ環境協会

参考文献[編集]

  • 『アロマテラピー検定テキスト 1級』日本アロマ環境協会 ISBN 4-931533-05-1

外部リンク[編集]