日向武史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日向 武史
生誕 1972年(45–46歳)[1]
日本の旗 日本茨城県
職業 漫画家
活動期間 1998年-現在
ジャンル 少年漫画
代表作
受賞
テンプレートを表示

日向 武史(ひなた たけし、1972年 - )は、日本漫画家茨城県出身。血液型はA型。

経歴[編集]

映画制作がしたくて、上京するが挫折[2]。25歳頃に漫画家を志し、藤沢とおるアシスタントの面接を受けるが、仕事内容に圧倒され、葛藤の末に断念。その後、当時『サイコメトラーEIJI』を連載していた朝基まさしのアシスタントとなる。朝基の現場では、あまりに仕事が出来なかった為、初任給の受け取りを断ろうとしたほどだった。1年ほどで朝基のアシスタントを辞め、アルバイトをしつつ作品を応募[3]1998年、『スリーアウトチェンジ』で第61回週刊少年マガジン新人漫画賞入選を受賞し、デビュー。

2001年に『週刊少年マガジン』14号から26号まで『Howling』を連載。同作は、初回アンケートの結果で打ち切りが決定した[4]2004年の第2・3合併号より『あひるの空』を連載開始。

人物[編集]

中学時代に剣道、高校時代にボート部に在籍。ボート部では主将を務め、高校3年生の時にインターハイに出場した実力者。現在の夫人は、ボート部時代の同僚である[5]

同期の漫画家に上条明峰寺嶋裕二がいる。寺嶋は担当編集者が一緒だったこともあり、かなり意識していた作家の1人であった[3]

作品[編集]

連載[編集]

読切[編集]

  • スリーアウトチェンジ(1998年、週刊少年マガジン、講談社、単行本未収録)
  • 少年アンプリファイアー(2010年、ARIA、講談社、ARIA2010年11月号)

関係者[編集]

師匠[編集]

アシスタント仲間[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日向武史 『あひるの空Vol.22』 講談社、2008年、214頁。ISBN 978-4063840742。「昭和47年生まれの自分は...」
  2. ^ 『あひるの空』単行本22巻、袖ページ
  3. ^ a b c d 日向武史 『あひるの空Vol.23』 講談社、2009年ISBN 978-4063841107
  4. ^ 日向武史 『あひるの空Vol.17』 講談社、2007年ISBN 978-4063638844
  5. ^ ATHLETE INTERVIEW. インタビュアー:小山基彰. (2014年). 中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー. http://herointerview.jp/athlete/2343 2018年4月30日閲覧。 
  6. ^ 2017年11月16日現在

外部リンク[編集]