新見錦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新見 錦(にいみ にしき、天保7年(1836年) - 文久3年9月15日1863年10月27日)?)は、幕末水戸藩浪士、壬生浪士(後の新選組)幹部(副長という説もある)。号は錦山(きんざん)とされるが、子母澤寛が記すのみであり、確証はない。姓の読みは「にいのみ」、「しんみ」など諸説ある。

出自[編集]

新見錦は変名であり、水戸浪士で、芹沢鴨の前名とされる下村嗣次と玉造文武館党の同志[1]だった、新家粂太郎が本名であるという説が存在する。

新家は神道無念流剣客金子健四郎の門人であり、文久3年(1863年)5月、二条木屋町に旅宿する[2]水戸藩士吉成勇太郎と、中山忠能の日記中に芹沢鴨と共に名前が現れる[3]今泉与一太郎と連署した借用書が残っており、在京が確認できる[4]

同年6月16日、攘夷監察使正親町公董の陪従[5]として長州に下り、暴飲から罪を得て、9月15日に死亡し、当時三田尻の車塚(現山口県防府市車塚1)にあった蘆樵寺に墓石(現存せず)が建立された[6]。没年(数え年)は28歳[6]であり、新見の年齢と一致する。「新見久米次郎」との表記[7]もされている。また、吉成勇太郎は粂太郎を壬生浪士が手に余すので引き取ったと記している[4][8]

生涯[編集]

名簿[9]から逆算すれば、天保7年(1836年)の生まれである。 岡田助右衛門に剣を学び、神道無念流免許皆伝を授かる。腕前は「達人之趣ニ御座候」とする風説が残る[10]

文久3年(1863年)2月、清河八郎の建策により上洛する江戸幕府14代将軍徳川家茂の警護のために組織された浪士組に加盟し、三番組小頭になる。後に新選組を結成する芹沢や江戸試衛館天然理心流)の近藤勇も加盟していた。新見の前歴は詳らかでないが、幹部の小頭に任じられたことから名が知られた存在だったと考えられる。新見の組下には井上源三郎沖田林太郎など5人の多摩系の天然理心流門人が配属された。

8日に江戸を出立して、23日に入京。粕谷新五郎(水戸出身)とともに南部亀次郎邸に宿泊。芹沢は近藤とともに八木源之丞邸に宿泊しており、八木家の子息だった八木為三郎の回顧によれば、新見と粕谷は芹沢のいる八木家に入り浸っていたという[11]

27日に清河が江戸帰還を宣言すると、芹沢、近藤とともに京都残留を表明して離脱。離脱組は芹沢、新見ら5人の水戸系浪士と近藤、土方歳三山南敬助沖田総司ら8人の試衛館門人で、これに殿内義雄根岸友山、粕谷新五郎らが加わるが、すぐに内部抗争が起きて殿内は殺害され、根岸、粕谷は脱退した。必然的には浪士たちは芹沢、新見ら水戸派と近藤、土方ら試衛館派に大別された。

浪士たちは京都守護職会津藩松平容保に嘆願書を提出して、会津藩御預かりとなり壬生浪士を名乗る。新見は結成当初の編成で芹沢、近藤と並んで浪士のリーダーになったと考えられ、4月に大坂の商人から100両借りた(押し借りした)ときの添書きでは新見、芹沢、近藤の名前が並んでいる。これ以降在隊の記録は確認されていない。文久3年5月25日に容保に差し出された名簿には、新見の名前は記されておらず、同一人物説が唱えられる田中伊織の名前も見えない[12]。同月入隊の島田魁「英名録」にも記載がない。

新見は芹沢と行動を共にする腹心といわれるが、壬生浪士幹部としての行動の実態はよく分らない。芹沢や近藤のことをよく覚えていた八木為三郎も新見については「まるきり覚えがありません」[11]、「いつの間にかいなくなっていた」[13]と述べている。新選組幹部の永倉新八が記した『浪士文久報国記事』によると新見は乱暴が甚だしく、法令を犯して芹沢、近藤の説得にも耳を貸さなかったという。子母澤寛の『新選組始末記』によっても新見は遊蕩に耽って隊務を怠り、隊費と称して民家から強請り(ねだり)を繰り返していたという。

『新選組顛末記(新選組永倉新八)』によると悪行の数々を握られて切腹せねば法度に照らして斬首すると詰め寄られ、遊蕩先の祇園新地の料亭山緒でついに切腹させられたという。『浪士文久報国記事』によれば一同相談のうえ切腹と決まったが、またも四条木屋町に旅宿する水戸浪人吉成常郎(勇太郎の弟吉成恒次郎と推定されている)に乱暴を働いたため梅津某の介錯で切腹させられたことになっており、真相はよく分からない。日付も『浪士文久報国記事』では8月14、15日となっており、判然としない。9月16日に芹沢と水戸派の平山五郎が試衛館派に襲撃・暗殺されており、新選組の水戸派は壊滅した。

なお、明治時代に長州派の志士を祀るため作られた霊山招魂社に、敵だったはずである新選組幹部の新見が祀られていること、暮地義信が維新時に活躍した志士を記した「近世高名一覧勤王為皇国」に名前がある事から、切腹は単純な乱暴狼藉ではなく水戸や長州土佐などの尊王攘夷派との親密な関係があったからではないかという説もある。

脚注[編集]

  1. ^ 「常野集一」 茨城県立歴史館編『茨城県史料 幕末編 III』、茨城県 1993年 p50~51
  2. ^ 『会津藩庁記録 文久三年 第二』、日本史籍協会 p472~477
  3. ^ 中山忠能 『中山忠能日記 原題・正心誠意 第三』、日本史籍協会 1916年7月 p644
  4. ^ a b 『京都新聞』、2015年2月19日 「壬生浪士幹部?の借用証発見 同一人物説の新家粂太郎連署」
  5. ^ 加藤常吉 「加藤任重漫録」 『維新日乗纂輯 第二』、 日本史籍協会 1925年12月 p383
  6. ^ a b 加藤桜老 「復京日記」『榊陰年譜 附加藤櫻老小傳』 笠間稲荷神社、1979年10月 p574
  7. ^ 加藤「復京日記」 『榊陰年譜』 p609
  8. ^ 吉成勇太郎 『〔尊攘之儀ニ付建白書〕』 岡山大学附属図書館、池田家文庫 文久3年8月
  9. ^ 川澄次是児玉幸多校訂 『公余録 下 阿部家史料集 2』、1976年3月 吉川弘文館 p471
  10. ^ 小寺玉晁編『東西紀聞 第一』、日本史籍協会 1917年1月 p180
  11. ^ a b 子母澤寛「壬生屋敷」『新選組遺聞』中公文庫、1977年 p99
  12. ^ 「近藤勇書状写帳」『佐藤彦五郎日記2』「日野宿本陣」文書調査団、2005年3月 p185~186
  13. ^ 子母澤「壬生屋敷」 p148

関連項目[編集]