新発田市五十公野公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五十公野公園 > 新発田市五十公野公園陸上競技場
新発田市五十公野公園陸上競技場
"グリーンスタジアムしばた"
新発田市五十公野公園陸上競技場.jpg
施設情報
所在地 新潟県新発田市五十公野5724[1]
位置 北緯37度56分19.67秒 東経139度21分19.71秒 / 北緯37.9387972度 東経139.3554750度 / 37.9387972; 139.3554750座標: 北緯37度56分19.67秒 東経139度21分19.71秒 / 北緯37.9387972度 東経139.3554750度 / 37.9387972; 139.3554750
開場 1980年
修繕 2002年平成14年)3月
所有者 新発田市
運用者 新発田市
グラウンド 天然芝(108m x 71m)[2]
ピッチサイズ 105m x 68m(サッカー)[2]
95m x 69m(ラグビー)[2]
照明 4基(平均照度300ルクス[2]
大型映像装置 無し
使用チーム、大会
アルビレックス新潟レディース日本女子サッカーリーグ)、JAPANサッカーカレッジレディース (日本女子サッカーリーグ)
収容能力
8,800人[2]
アクセス
五十公野公園#交通を参照。

新発田市五十公野公園陸上競技場(しばたし いじみのこうえん りくじょうきょうぎじょう)は、新潟県新発田市五十公野公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。愛称 グリーンスタジアムしばた。施設は新発田市が所有し、運営管理も新発田市が行っている。

歴史[編集]

1980年昭和55年)5月に旧メインスタンドが竣工。

その後、施設は老朽化していたが、2002 FIFAワールドカップの開催地に新潟スタジアムが選ばれたことから、新発田市は周辺町村と共に域内のスポーツ施設を合宿地として使用できるように競技場も全面改築され、2002年平成14年)3月に竣工した。メインスタンドは新発田城の三階櫓を、マラソンゲートは城門を模してデザインされている。また竣工と同時に、愛称「グリーンスタジアムしばた」が付与された。現在は日本女子サッカーリーグに所属するアルビレックス新潟レディースがホームゲームの一部を開催している。

長らく指定管理者として新発田市まちづくり振興公社が運営管理を行っていたが、2011年3月を以て同公社が解散したため、それ以降は新発田市が運営管理を行っている[3]

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第2種公認[2]
  • トラック:全天候舗装、400m×9レーン[2]
    • トラック素材はイタリア製のスーパーX(シドニー・アトランタのオリンピックスタジアムで使用された敷詰め型の素材である)。
  • インフィールド:天然芝(洋芝)3種混合、108×71m[2]
    • サッカー:105×68m[2]、ラグビー:95×69m[2]
  • 照明設備:照明塔4基(フィールド内平均照度:300Lx)[2]
  • 収容人員:8,800人(メインスタンド:座席2,144席+車椅子席10席+ロイヤルボックス34席、バックスタンド:芝生6,612席)[2]

公園内その他の施設[編集]

また、競技場を発着点とするフルマラソンコースが設定されており[4]、高等学校駅伝などで使用されている。

交通[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]