新田貞方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
新田貞方
時代 室町時代
生誕 正平10年(1355年)?
死没 応永16年(1409年)?
応永17年(1410年)?
官位 従五位下、武蔵守
氏族 新田氏
父母 父:新田義宗、母:世良田政義の娘
兄弟 貞方岩松満純[1]横瀬貞氏[1]
宗親[2]親季[2]義則[3]岩松満国
新田貞邦堀江貞政中村貞長

新田 貞方(にった さだかた)は、南北朝時代武将新田義貞の孫で、新田義宗の長子。兄弟とされる岩松満純(新田容辻王丸)と横瀬貞氏があり、後に岩松氏横瀬氏の養子となったという。

生涯[編集]

信濃国で生まれ育ったという。少年期に父義宗が死去したことにより、代わって一族の脇屋義則が新田党を指揮したが、長じて陸奥国南朝方拠点であった霊山城に赴き、脇屋義則と合流、南朝方を指揮する。一時は奥州で勢力を誇り、伊達氏らと相馬氏蘆名氏らを攻める。しかし、北朝方が盛り返し、敗れて地下に潜伏する。

元中9年/明徳3年(1392年)、南北朝の合一が成った。しかし、合一条件はすぐに反故にされ、各地で南朝残党が「後南朝」として活動を再開する。関東では鎌倉公方足利満兼が病床に伏せ、明日をも知れぬ状態となる。これを知った貞方は関東の旧南朝勢力に書状を出し決起を促した。これがもとで、貞方の潜伏先が鎌倉府に露見し、貞方父子は侍所千葉兼胤(新田義貞の曾孫[4])に捕らわれた。応永16年(1409年)7月22日、祖父義貞ゆかりの鎌倉七里ヶ浜で嫡子の貞邦と共に斬られた。または没年は翌応永17年(1410年)の説もある。貞方の流とされる堀江氏が現存する。

参考文献[編集]

  • 奥富敬之 『上州新田一族』 新人物往来社、1984年

脚注[編集]

  1. ^ a b それぞれ岩松氏横瀬氏(由良氏)の養子となっているが、両家はともに新田氏の系譜を改竄したとの見方が有力である。
  2. ^ a b 鑁阿寺新田足利両氏系図』による。なお宗親が新田本宗家として続き、親季は松平氏の祖となったとする。
  3. ^ 浅田晃彦『児島高徳と新田一族』では脇屋義治の嫡子とする。
  4. ^ 千葉兼胤の祖父にあたる氏胤は義貞の娘を娶っている。
先代:
新田義宗
新田氏第10代当主
1368年 - 1409年
次代:
新田貞邦