霊山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

霊山城(りょうぜんじょう)は、陸奥国伊達郡(現在の福島県伊達市霊山地域)[1]にそびえる霊山の山頂付近にあった南北朝時代日本の城

概要[編集]

霊山山頂には円仁創建の天台宗寺院霊山寺(現在は山麓に移転)が建立されて栄えていたが、1337年2月9日延元2年/建武4年1月8日)に鎮守府将軍北畠顕家広橋経泰らと図って、陸奥太守義良親王を多賀国府から霊山に移して山頂付近に「国司館」を設置、国衙機能をここに移して北朝勢力に対抗したことに由来している。顕家らは伊達行朝結城宗広ら奥羽地方の南朝勢力と連携しながら、同年9月6日旧暦8月11日)に親王を奉じて上洛を開始するまで拠点とした。その後も現地に残された南朝方将兵によって守備されていたが、1347年正平2年/貞和2年)に北朝方の奥州管領吉良貞家によって攻略され、その後も何度か攻防戦が行われたものの、応永年間には廃城となった。

近代以後、何度か調査され、1980年昭和55年)に大規模な発掘調査が行われた。その結果、建物の礎石跡などの遺構の他、宋銭古瀬戸など当時の活動の後を示す物が発掘されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、一部が同国宇多郡(現在の福島県相馬市)にかかる。

参考文献[編集]