岩松満純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
岩松満純
時代 南北朝時代 - 室町時代前期
生誕 不詳
死没 応永24年閏5月13日1417年6月27日
改名 容辻王丸(幼名)、満純、天用(法号)
官位 治部大輔
氏族 河内源氏岩松氏新田氏
父母 父:新田義宗(諸説あり)[1]
養父:岩松満国(諸説あり)
兄弟 満氏満純満長満親満春
正室:上杉氏憲の娘
家純

岩松 満純(いわまつ みつずみ)は、室町時代前期の武将上野新田荘国人領主。父は新田義宗[1]、養父は岩松満国と伝わり、妻は上杉氏憲(禅秀)の娘で那須資之千葉兼胤は相婿。子に家純

生涯[編集]

正平23年/応安元年(1368年)に戦死した新田義宗の落胤といわれ、本人もそのように自称した。『系図纂要』には、義宗と満国の妹との間に生まれたのが満純であるとあるが、前半生ははっきりとはわかっていない。

兄に満氏がいたが、早くに亡くなったため、満純が岩松氏の後継となった。後に犬懸上杉家出身で関東管領となる上杉禅秀の娘を娶る。応永23年(1416年)の上杉禅秀の乱では舅の上杉禅秀に味方し、鎌倉公方足利持氏追放に功績を挙げた。この際に義宗の落胤として新田姓を自称したという[要出典]

しかし、持氏が室町幕府の援助を受けて反攻してくると、新田荘に敗走した。しかし隣の佐貫荘の国人領主舞木持広の追討を受け、武蔵入間川の戦いに敗れて捕縛され、応永24年(1417年)に鎌倉の竜の口で斬首された。

この満純の動きに父の満国は同調せず静観し、満純の死後、孫の持国(満純の弟満春の子)に家督を譲り岩松家を継がせた。廃嫡されたもう1人の孫の家純(満純の遺児)は出家した。

後に、家純は祖父の死後に6代将軍足利義教の後押しにより復権し勢力を持ち、岩松家は家純流(礼部家)と持国流(京兆家)に分裂した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 埼玉県寄居町釜山神社所蔵の「岩松氏系図」には「義宗の子」とは一切記されていない。
先代:
岩松満国
岩松氏歴代当主
岩松満純
次代:
岩松家純/岩松持国