新田仲太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新田 仲太郎(にった なかたろう、1878年明治11年)12月8日[1] - 1969年昭和44年)12月2日)は、日本実業家資産家[2]海運[3]。内外汽船社長[3]。新田汽船代表[4]。新田中学校(現新田高等学校)創立者。愛媛県多額納税者[5]。族籍は愛媛県平民[5]新田帯革製造所、新田ベニヤ製造所各代表社員新田長次郎の甥[5]

人物[編集]

愛媛県温泉郡山西村(のちの味生村大字山西、現在の松山市山西町)出身。新田利平の長男[4]1896年、叔父・新田長次郎が経営する新田帯革製造所のために、高松でなめし用材料の調達に当たった[1]1898年家督を相続した[3]1914年迄叔父・新田長次郎の業を援け北海道十勝の新田工場工場長となり、拡張、改良、発達等を計った[6]

1914年、初めて独立して釧路西幣舞町に住し海運業に身を委ね、傍ら木材の輸出販売業を経営し、1915年5月、神戸に移り総ての営業状態を合資会社に変更した[6]。愛媛県教育文化賞、愛媛新聞賞、愛媛県功労賞等を受賞した[1]。資産家として知られた[2]。宗教は真言宗[7]

家族・親族[編集]

新田家

愛媛県温泉郡味生村山西、兵庫県神戸市神戸区北長狭通東京市[3][4]

  • 父・利平(愛媛県平民)[4]
1853年 -
  • 母・ウメ(愛媛平民、竹内孫衛の三女)[4]
1860年 -
  • 弟・馬太郎[6]
馬太郎は加藤恒忠と外国へ出張中病の犯す所となり不幸亡くなった[6]
  • 弟・源一(新田商事社長)[8][9]
1894年 -
1915年早稲田大学大学部商科卒業[9]1917年分家する[8]。住所・東京市芝区新橋[8]
  • 同妻・ユタカ(愛媛、梶川清の姉)[8]
1896年 -
  • 妹・クラ(愛媛士族、澤田安蔵三男・角次郎の妻)[3]
1884年 -
  • 妹・トクエ(澤田政義の妻)[3]
1889年 -
  • 妻・ヨシ(愛媛平民、森松平の長女)[4]
1880年 -
1901年 -
関西学院中学部卒業[7]。宗教・真言宗[7]。住所・神戸市灘区上野町[7]
  • 同妻(愛媛、塩出信雄の長女)[7]
1908年 -
1918年 -
  • 養子・弘之(長女・タマエの夫)[4]
1888年 -
  • 女・タマエ[4]
1898年 -
1920年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c 愛媛県史 人物(平成元年2月28日発行)、愛媛県生涯学習センター。
  2. ^ a b 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第11版 下』ニ12頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第6版』に7頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月15日閲覧。
  5. ^ a b c 『人事興信録 第7版』に6頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月15日閲覧。
  6. ^ a b c d 『愛媛県人物名鑑 第1輯 松山市、温泉郡之部』温泉郡にの部32-33頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月20日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第13版 下』ニ10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月17日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第14版 下』ニ9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月7日閲覧。
  9. ^ a b 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』635頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 『愛媛県人物名鑑 第1輯 松山市、温泉郡之部』海南新聞社、1923-1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 下巻』人事興信所、1937-1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。