新明解ナム語辞典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新明解ナム語辞典
著者 西島孝徳
発行日 1987年12月1日
発行元 日本ソフトバンク
ジャンル 辞典
日本の旗 日本
言語 日本語
コード ISBN 978-4-930795-86-1
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

新明解ナム語辞典』(しんめいかいナムごじてん)は、1987年に日本ソフトバンク[1]より出版された書籍。西島孝徳著、ナムコ[2]編集・監修。定価5,000円。

史上初のビデオゲーム専門用語辞典を謳い、ナムコに関する項目を中心に1364項目を収録している。

沿革[編集]

「ゲームおたく」を自認する著者が、メーカーに名前を覚えてもらう目的と、ゲームマニアの標準用語集を作りたいという意図のもとに、1984年3月に「明解ナム語辞典」を制作(収録語数約280)。それをナムコの広報誌「NG」の編集部に送ったところ、当時の誌面でも取り上げられた。誌面記事によると、同辞典はルーズリーフ用紙26枚に手書きで記されたものだった。

その後、読者対象をマニアから一般のゲームプレイヤーに移し、全面改訂を行った「新明解ナム語辞典」(収録語数約650)を、1985年8月に制作。さらにナムコの正式な監修と、増補改訂を経て、1987年12月に書籍として出版された。

内容[編集]

題材となるナムコゲームは、古くは『おそ松くんダービー』(1965年製)、最新作は『ドラゴンスピリット』まで。しかし内容はナムコにとどまらず、当時のゲームセンターやプレイヤー間で流布した隠語、ゲーム開発者の符丁なども収録。ゲームの設定と実際の画面から得られる情報を元に、『ゼビウス』の建造物の高さを導き出すなど、シャーロキアンにも似た研究成果も記されている。

著者は「読んで楽しい辞典」を目指しており、軽妙な文体にシニカルな記述が多く、1980年代アーケードゲームにまつわる『悪魔の辞典』と呼ぶべきものとなっている。描きおろしのイラストや写真も、数多く収録。

巻末には、『ディグダグ』と『ドルアーガの塔』の卓上ポップ(当時ゲームセンターに置かれていたポップを縮小した復刻版)を、付録として掲載。

備考[編集]

  • 装丁はグラフィックデザイナーの林廣行らによるもので、基板をモチーフにしたプラスチック製。外箱は段ボール製で、予約特典として『リブルラブル』のテレホンカードが付属していた。装丁は海外で高く評価され、ニューヨーク・アートディレクターズクラブ国際展、およびブルノ国際グラフィックデザインビエンナーレにて入選している。
  • 「新明解」は三省堂登録商標であり、同辞典では三省堂の承諾を得たうえで「新明解」を使用している。
  • 編集協力には、とみさわ昭仁らも名を連ねている。
  • 発売当時、コンピュータゲーム雑誌『Beep』に著者のインタビューが掲載された。また、著者はその後「らくしょ=にしぢま」の筆名で、Beep誌にてコラムの連載も行っていた。
  • ナムコミュージアム』シリーズの攻略本「ナムコミュージアム パーフェクトガイド」シリーズにて、題材となるゲームの項目が同辞典より一部抜粋されて掲載されている。

脚注[編集]

  1. ^ 会社としては、後のソフトバンク。当時発行を手掛けた同社の出版部署は、ソフトバンク社名変更後の1999年に子会社ソフトバンククリエイティブとして分離された。
  2. ^ 会社としては、後のバンダイナムコエンターテインメント。2006年の「バンダイナムコゲームス」への社名変更に伴い、ナムコの社名は、旧社よりアミューズメント施設運営部門を分離した新会社ナムコに引き継がれた。2015年に現社名に変更された。

参考文献[編集]

  • 新明解ナム語辞典
  • 季刊NG 第6号