新居浜平野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新居浜平野周辺
新居浜平野周辺

新居浜平野(にいはまへいや)は、愛媛県東部、高縄半島四国山地燧灘に囲まれた平野。主要な都市は、新居浜市西条市[1]

新居浜市と西条市の間には低いながらも山があり、平地として連なってはないということから、新居浜平野と称することに抵抗を感じるという指摘もあり、西条地域においては新居浜平野と分けて道前平野と称することもある。旧・西条市の要望で、かっこ書きながら道前平野が付記されている地図もある。なお、「道前」とは道後温泉の「道後」に相対する名称。

産業[編集]

米作花卉(かき)、の栽培、畜産が盛ん。臨海部は遠浅の海岸であったため、埋め立てられ工場地帯となっている。

ギャラリー[編集]

大山積神社奥の宮 (エントツ山より東へ250 m) より

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新居浜・西条圏域”. 愛媛県 (2020年12月15日). 2022年10月16日閲覧。

関連項目[編集]