新井紀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 紀一(あらい きいち、1890年2月22日 - 1966年3月13日)は、日本小説家。実生活に裏打ちされた文章で知られた。日本の労働文学の代表的作家。砲兵工廠職工として働いていたことから「兵隊作家」とよばれた。別院一郎の筆名も用いる。

経歴[編集]

群馬県多野郡吉井町(現高崎市)に生まれる。四男二女の長男[1]。 7歳のとき、東京の四谷警察署で巡査となっていた父のもとに母とともに上京する。四谷第一尋常高等小学校を卒業後、東京砲兵工廠に見習職工として働く。2年の兵役をはさんで通算14年の職工生活を送る[1]

労働文芸誌『黒煙』に処女作「暗い顔」を投稿。1916年 「怒れる高村軍曹」「坑夫の夢」を発表、反軍作家と言われる。日本の労働文学の代表作のひとつと評価される「友を売る」を『中央公論』に発表。『敗走千里』(1938)がベストセラーになり、続編、続々編も刊行され、以降、戦争協力作家として戦争小説、少年小説、童話などを精力的に執筆[1]。1943年には日本軍通訳の中国人とその娘の実話をもとにした『父いづこ』を上梓。

1944年に千早 (豊島区)の自宅が空襲に遭い、千葉県五井町村上に転居[1]。都会育ちの妻と慣れない百姓生活を送りながら地元中学の教師の口を探したが叶わず、行商で糊口を凌いだ[1]

戦後は半ば筆を折り、伊豆大島に移住してフリージア栽培に従事した。家族に1933年に結婚した9歳年下の妻・光子と長男・孝典(新聞社印刷部勤務)[1]

主な作品[編集]

  • 「落葉の如く」
  • 「暗い顔」
  • 「競点射撃」
  • 「煽動」
  • 「燃ゆる反抗」
  • 「家庭の鉱山」
  • 「雨の八号室」
  • 「闘争」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『昭和・遠い日・近いひと』澤地久枝、文芸春秋、1997, 「父いづこという環」p37-60

参考文献[編集]

  • 大和田茂「新井紀一における民衆と文学」、高崎経済大学附属産業研究所編『近代群馬の民衆思想-経世済民の系譜』、日本経済評論社、2004年2月。ISBN 4-8188-1574-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]