新井政美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 政美(あらい まさみ 男性、1953年11月 - )は、日本歴史学者東京外国語大学名誉教授。専門は、トルコ近代史歴史小説も刊行している。

略歴[編集]

  • 1976年3月 東京大学文学部東洋史学科卒業
  • 1979年3月 東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了
  • 1979年-1981年 イスタンブール大学文学部
  • 1984年3月 東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学
  • 1984年4月 大阪市立大学文学部助手
  • 1986年4月 大阪市立大学文学部講師
  • 1989年4月 大阪市立大学文学部助教授
  • 1992年10月 東海大学文学部助教授
  • 1995年4月 東京外国語大学外国語学部助教授
  • 1999年4月 東京外国語大学外国語学部教授
  • 2009年4月 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授(大学院重点化により所属変更)
  • 2013年10月 トルコ歴史協会(Turk Tarih Kurumu)名誉会員
  • 2017年3月 東京外国語大学退職、名誉教授

著書[編集]

  • Turkish Nationalism in the Young Turk Era (Leiden: Brill, 1992).
  • 『トルコ近現代史――イスラム国家から国民国家へ』(みすず書房, 2001年、改訂版2008年)
  • 『オスマンvs.ヨーロッパ――「トルコの脅威」とは何だったのか』(講談社選書メチエ, 2002年)
  • オスマン帝国はなぜ崩壊したのか』(青土社, 2009年)
  • 『憲法誕生 明治日本とオスマン帝国 二つの近代』(河出書房新社, 2015年)
  • 『イスラムと近代化 共和国トルコの苦闘』(講談社選書メチエ, 2013年)。編著

歴史小説[編集]

訳書[編集]

外部リンク[編集]