新井和宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あらい かずひろ
新井 和宏
出身校 東京理科大学
職業 実業家

新井 和宏(あらい かずひろ、1968年[1] - )は、日本実業家鎌倉投信創業者・取締役。横浜国立大学経営学部非常勤講師。経済産業省「おもてなし経営企業選」選考委員(平成24、25年度)。特定非営利活動法人「いい会社をふやしましょう」理事[2]神奈川県横浜市出身。

2010年3月より運用を開始した投資信託「結い 2101」の運用責任者として活躍している。 経済的な指標だけではなく社会性も重視する、投資先企業をすべて公開する等、従来の常識をくつがえす投資哲学で運用されている商品ながら、個人投資家1万6000人以上、純資産総額230億円超(2016年8月時点)となっている。[3] 2013年には格付投資情報センター(R&I)でも日本一を意味する最優秀ファンド賞(投資信託 国内株式部門)を獲得[4]

略歴[編集]

1992年東京理科大学工学部卒業後、住友信託銀行(現:三井住友信託銀行)に入社[5]

2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現:ブラックロック・ジャパン)に転職。企業年金・公的年金などを中心に、株式、為替、資産配分等、多岐にわたる運用業務に従事し、ファンドマネージャーとして数兆円を動かす実績を持つ。

2008年、2007年~2008年、大病を患ったこと、そしてリーマン・ショックをきっかけに、それまで10年近く信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになり、志を同じくする仲間4人と、鎌倉投信株式会社を創業。

2010年、投資信託「結い 2101」の運用責任者。

2012年横浜国立大学経営学部非常勤講師( - 2016年)。

単著[編集]

出演メディア[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]