文車妖妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「文車妖妃」

文車妖妃(ふぐるまようび)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪

概要[編集]

石燕は巻紙を手に持っている女性の妖怪を描いている。文車(ふぐるま)とは、内裏や寺院、公家の邸宅などで使用されていた書物を運ぶために使われていた車で、失火などの非常時に備えるもの。石燕は「執着の思ひをこめし千束の玉章(たまづさ)にはかかるあやしきかたちをもあらはしぬべしと夢の中に思ひぬ」と記しており[1]、古い恋文が変化した・恋文につもった執念がなったものであると解釈されている[2]。石燕は『百器徒然袋』の妖怪に付けている詞書きに『徒然草』の文章を多く引いており、『徒然草』第72段の「多くて見苦しからぬは、文車の文、塵塚の塵」という一文があり、この「文車の文」から文車妖妃、「塵塚の塵」から塵塚怪王が創作されたと考えられている[1][3][4]

作者不詳の『妖怪絵巻』(東洋大学附属図書館 所蔵)には石燕からの摸写と考えられる作例として文章怪(ぶんしょうのかい)という名で絵が描かれている[5]

恋文の執念に関する説話[編集]

文車妖妃との直接の関連は明確では無いが、以下の例などが説話などに見られる。

新潟県燕市の国上寺に伝わる酒呑童子の登場する縁起物語では、稚児として寺に入っていた頃、寄せられたまましまい込んでいた数多くの女たちからの恋文を焼き捨てたらが彼をつつみこみ、その姿を人間から鬼にしてしまったとされる[6]

江戸時代の怪談集『諸国百物語』(巻之三)の「艶書のしうしん鬼となりし事」には、寺の稚児が寄せられた多くの恋文を捨てていたところ、恋文に込められた執念がと化して人を襲っていたという話が載せられている[7][8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、266頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  2. ^ 粕三平 『お化け図絵』 芳賀書店 1973年 185頁
  3. ^ 水木しげる 『続日本妖怪大全』 講談社1991年、402頁。ISBN 4-06-313210-2
  4. ^ 香川雅信 『江戸の妖怪革命』 河出書房新社2005年、177頁。ISBN 978-4-309-22433-6
  5. ^ 茨城県立歴史館 『妖怪見聞』 茨城県歴史館 2011年 33頁
  6. ^ 小松和彦 『日本妖怪異聞録』 小学館1992年、29-30頁。ISBN 4-09-207302-X
  7. ^ 太刀川清 校訂 『百物語怪談集成』 国書刊行会、1987年、87-88頁。
  8. ^ 水木しげる 『決定版日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』 講談社2014年、629頁。ISBN 978-4-06-277602-8

関連項目[編集]