塵塚怪王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「塵塚怪王」

塵塚怪王(ちりづかかいおう)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪

百器徒然袋』には、唐櫃(からと、からびつ)をこじ開ける姿で描かれている。室町時代から江戸時代にかけて描かれている『百鬼夜行絵巻』にも同じく唐櫃をこじ開ける姿の赤いの構図があり、それが参考になっていると考えられる。『徒然草』第72段にある「多くて見苦しからぬは、文車の文、塵塚の塵」という文があり、『百器徒然袋』には『百鬼夜行絵巻』や『徒然草』からの引用が多く見てとれることから、この塵塚怪王もそれらをもとに石燕が創作したものといわれる。また前述の「文車の文」の箇所からは「文車妖妃」が創作されている[1][2][3]

石燕は「ちりづか怪王はちりつもりてなれる山姥とうの長なるべしと」と書いており山姥などの王であるとしているが、塵と山姥についてはの『山姥』の「妄執の雲の塵積って山姥となれる」[4]という詞章を引いた表現であり、山姥と塵塚怪王(または『百鬼夜行絵巻』の赤い鬼)自体との関連が見られる伝承や物語なども確認されておらず、明確な立ち位置は良く分かっていない[5]

「美ふみ」という画家が明治初期頃に描いたと見られる『百器徒然袋』と題された肉筆の画帖にも、鳥山石燕の塵塚怪王を摸写したと見られる絵が描かれている[6]。また、作者不詳の『妖怪絵巻』(東洋大学附属図書館 所蔵)にも同様に石燕からの摸写と考えられる作例として怪鬼(かいき)という名で絵が描かれている[7]

平成以降の解説[編集]

平成以降の妖怪に関する書籍などでは、ごみ付喪神たちのである[8]と解釈されている例が見られる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、265頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、221頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 香川雅信 『江戸の妖怪革命』 河出書房新社2005年、177頁。ISBN 978-4-309-22433-6
  4. ^ 岩城準太郎『室町時代文学類選』東洋図書 1931年 218頁
  5. ^ 水木しげる 『決定版日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』 講談社2014年、456頁。ISBN 978-4-06-277602-8
  6. ^ 人間文化研究機構 監修 『百鬼夜行の世界』2009年 107頁
  7. ^ 茨城県立歴史館 『妖怪見聞』 茨城県歴史館 2011年 31頁
  8. ^ 草野巧・戸部民夫 『日本妖怪博物館』 新紀元社1994年、130頁。ISBN 978-4-88317-240-5

関連項目[編集]