拡大戦線 (ウルグアイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウルグアイの旗 ウルグアイ政党
拡大戦線
Frente Amplio
Flag of Frente Amplio.svg
党旗
党首 ホルヘ・ブロベト
成立年月日 1971年2月5日
本部所在地 ウルグアイの旗 ウルグアイモンテビデオ
政治的思想・立場 中道左派、左翼
社会主義
共産主義
民主社会主義
社会民主主義
進歩主義
キリスト教社会主義
トロツキー主義
マルクス=レーニン主義
公式サイト www.frenteamplio.org.uy
国際組織 サンパウロ・フォーラム
人民ボリバリアーノ会議
ラテンアメリカ社会主義調整
ラテンアメリカ・カリブ政党常設会議
テンプレートを表示

拡大戦線(かくだいせんせん、Frente Amplio)は、ウルグアイ左翼中道政党の大同連合である。1971年に結成され、2005年以来、3期連続で政権与党となっている。

歴史[編集]

モンテビデオで都市ゲリラトゥパマロスの攻勢が拡大していた1971年3月21日、コロラド党左派が中心となって、左翼政党連合の拡大戦線を結成した。他方、トゥパマロスは1972年の選挙戦で拡大戦線支持を明確に打ち出し、全国で18%、モンテビデオでは31%の票を得たものの、国政を変えるには至らなかった。このあとトゥパマロスの攻勢は激化し、ウルグアイ軍の出動により1973年以降のウルグアイは実質軍政状態になった。この軍政期には実に国民の17%、50万人ものウルグアイ人が国を捨て去ることになる。

1981年に軍政を合法化しようとした憲法改正案が国民投票で否決されると、1985年にウルグアイも民政復帰した。トゥパマロスも、武闘路線を捨てて合法化され、拡大戦線に合流した。

拡大戦線は、2004年の選挙でタバレ・バスケス候補が勝利し(就任は2005年)、ウルグアイで初めて、コロラド党とブランコ党以外の政党として政権を握った。2010年には、ホセ・ムヒカが大統領に就任し、2015年には再びバスケスが大統領として政権の座にある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]