戸田裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
戸田 裕之
生誕 1961年????
研究機関 筑波大学東京都立大学大阪大学
研究分野 計量経済学マクロ経済学
母校 東京大学イェール大学
学位 Ph.D. in Economics
テンプレートを表示

戸田 裕之(とだ ひろゆき、英称: Hiro Y. Toda、1961年 - )は、日本の経済学者大阪大学社会経済研究所招聘教授[1]である。専門は、理論経済学(計量経済学理論・実証マクロ経済学[2]

学歴[編集]

職歴[編集]

都立大・首都大との関わり[編集]

東京都立大学経済学部在職中に、石原慎太郎東京都知事主導による都立4大学整理・統合(首都大学東京開学)について一貫して抵抗。2004~2005年にかけ、積極的な抗議活動を展開していた。

  • 首大非就任者の会の中心的メンバーとして、同会ウェブサイトに記事を多数投稿した。
  • 都立大経済学部には第1・2講座「近代経済学」、第3講座「経済史・経済思想史」、第4講座「経営学・会計学」の4講座が設置されていた[4]が、石原都知事の考えに賛同した他講座を揶揄すべく寓話昔々あるところに」を執筆した。
  • 首都大への就任を拒否した結果、2005年3月都立大経済学部辞職に至る。なお、戸田をはじめ近代経済学グループの離職者が相次いだため、首都大開学の2005年4月時点では都市教養学部経済学コースの設置が見送られた(のち2009年4月に実現する)。

著作[編集]

論文[編集]

  • Fukuda, Shin-Ichi, Teruyama, Hiroshi & Toda, Hiro Y(1991),"Inflation and price-wage dispersions in Japan," Journal of the Japanese and International Economies, Volume 5, Issue 2,pages 160-188.
  • Toda, Hiro Y & Phillips, Peter C B(1993),"Vector Autoregressions and Causality", Econometrica, vol. 61(6), pages 1367-93. doi:10.2307/2951647
  • Toda, Hiro Y.(1994),"Finite Sample Properties of Likelihood Ratio Tests for Cointegrating Ranks when Linear Trends are Present," The Review of Economics and Statistics英語版, MIT Press, vol. 76(1), pages 66-79.
  • Toda, Hiro Y. & Yamamoto Taku(1995),"Statistical inference in vector autoregressions with possibly integrated processes," Journal of Econometrics英語版, Elsevier, vol. 66(1-2), pages 225-250.
  • Toda, Hiro Y.(1995),"Finite Sample Performance of Likelihood Ratio Tests for Cointegrating Ranks in Vector Autoregressions," Econometric Theory英語版, Cambridge University Press, vol. 11(5), pages 1015-32.
  • Yamada H. & Toda Hiro Y. (1997) "A note on hypothesis testing based on the fully modified vector autoregression," Economics Letters英語版, Volume 56, Number 1, pages 27-39.
  • 照山博司・戸田裕之(1997)「日本の景気循環における失業率変動の時系列分析」、『現代マクロ経済動学』(浅子和美・大滝雅之 編、東京大学出版会)所収、pp. 1227-279。

テキスト[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪大学社会経済研究所 研究者紹介(客員教員)
  2. ^ 教員紹介(2003年5月現在)」『東京都立大学 大学案内2003-2004』東京都立大学、2003年、55頁。
  3. ^ テキスト『計量経済学の基礎』著者紹介 
  4. ^ 戸田裕之「都立大経済学部の分裂と首大経済学コースの消滅」首大非就任者の会ウェブサイト、2005年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]