成田千空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成田 千空(なりた せんくう、1921年3月31日 - 2007年11月17日)は、日本の俳人青森県青森市出身。本名:力。青森工業学校(現・青森県立青森工業高等学校)卒業。上京し富士航空計器株式会社に就職するが、肺結核に罹患し帰郷。闘病中に句作を始める。高松玉麗らの俳句結社「松濤社」、吹田孤蓬らの青森俳句会に参加。1945年より母の実家のある五所川原市に疎開し、以後その地で農業を営みながら俳人として活動する。

戦後は「暖鳥」創刊を経て、中村草田男主宰の「萬緑」に創刊より参加。草田男に師事する。青森県在住のまま1988年「萬緑」の選者に就任し、2001年より主宰。2005年より読売俳壇選者。青森県文芸協会理事長も務めた。青森高校時代の寺山修司の俳句指導を行なっていたことでも知られている。

受賞歴[編集]

  • 1953年、第1回萬緑賞受賞。
  • 1987年、青森県文化賞受賞。
  • 1988年、『人日』で第28回俳人協会賞受賞。
  • 1996年、勲五等瑞宝章受章。
  • 1998年、『白光』で第32回蛇笏賞受賞。
  • 2001年、『忘年』で第16回詩歌文学館賞受賞。
  • 2004年、五所川原市名誉市民。

著書[編集]

  • 句集『地霊』(1988年、青森県文芸協会出版部)
  • 句集『人日』(1988年、青森県文芸協会出版部)
  • 句集『天門』(1994年、青森県文芸協会出版部)
  • 句集『白光』(1997年、角川書店
  • 句集『忘年』(2000年、花神社)
  • 句集『十方吟』(2007年、角川書店)
  • 『俳句は歓びの文学』(2009年、角川学芸出版

参考文献[編集]

  • 金子兜太編 『現代の俳人101』 新書館、2004年

外部リンク[編集]