愛岐トンネル群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般公開されている6号トンネル

愛岐トンネル群(あいぎトンネルぐん)は、愛知県岐阜県の県境にまたがり、高蔵寺町多治見町の間約8キロメートルの旧国鉄中央線の廃線上にあるトンネル群である[1]

1900年明治33年)以前に建設され、この区間に14基あったトンネルの内、2020年(令和2年)に現存するトンネルは愛知県春日井市側6基、岐阜県多治見市側7基の13基で、このうち愛知県側の6基がNPO法人の取組により年に2回一般公開が行われている。

愛岐トンネル群に含まれるうち、NPO法人「愛岐トンネル群保存再生委員会」が管理する4基は、2009年平成21年)2月に「旧国鉄中央線の隧道群」として近代化産業遺産・続33に認定され、2016年(平成28年)には3基が国の登録有形文化財となっている[2]

歴史[編集]

廃線となった愛岐トンネル群の2号トンネル(左)と、新設されたJR中央線の愛岐トンネル(右)

国策として殖産興業が求められた明治時代、愛知県北部から岐阜県南部のこの地域は、瀬戸物や美濃焼に代表される窯業地帯として発展するとともに、木曽路の森林資源がトヨタなどの製造業を核とした東海地方の近代化産業の礎となった[3]。こうした物資の運搬路として、1900年明治33年)7月25日、名古屋―多治見間で鉄道が開通し、そのうちの高蔵寺駅多治見駅間の庄内川(土岐川・玉野川)流域の渓谷に14カ所のトンネルが開通した。これらが「愛岐トンネル」と呼ばれるトンネル群である[3]。現存する明治期のレンガ製トンネルとしては、国内最多の規模のトンネル群であった[3]

この路線は、開業直後から第二次世界大戦後の高度成長期まで、東海地方の流通経済の大動脈として近代化を支えたが、単線であったため、高速かつ大量の輸送が求められる時代の波には対応できなかった。そのため、近郊に新たに電化された複線の線路と長大なトンネルが建設されることとなり、その開通に伴い、1966(昭和41)年に14のトンネルを含む約8キロメートルの区間が廃線となった[4][5]。廃線とトンネル群は、レールや枕木が撤去され、その後の約40年間、茂った藪に埋もれるままにほぼ忘れさられた存在となっていた[5][4][3]

愛岐トンネル群の調査・整備中に付近の土中から発見された少女形の地蔵。護り稚児地蔵として、明治期の赤煉瓦を用いて祠を建て、愛岐トンネル群のトンネル横に安置された。

人々がこの廃線とトンネル群の存在を思い出したのは、2005年(平成17年)、JR勝川駅の高架化改修工事に伴い、明治期に赤煉瓦で建設された旧駅舎のプラットホームが撤去されたことによる。この際、ホームの土台であった赤レンガを保存し、まちおこしに活用しようという機運が高まり、催されたイベント会場で地元の古老が口にした「レンガのトンネルが春日井市内にあったはず」との記憶をきっかけに、市民によるトンネル探索が始められた[3][1][5]。トンネル群の発見までにはその後数カ月を要し[1][5]、2006年(平成18年)に発見された[3]

なお、このJR勝川駅のプラットホームから撤去されたレンガのブロックは、その後、愛岐トンネル群の入口のゲートに移築、展示されている[1]

2007年(平成19年)、当時の地権者の同意を得て調査・発掘を目的として市民有志によるグループが結成されると、2009年(平成21年)8月にはNPO法人「愛岐トンネル群保存再生委員会」として組織がかたまり、本格的な保全と再生に向けた活動がスタートした[5]。歩道を整備し、新緑や紅葉の時季に年に2回の一般公開を行うとともに、トンネル内は外気温が40℃近い真夏でも涼しいことから、ビアホールなどとして使われた年もあった[5]。こうした保全活用のために、3~6号トンネルまでの廃線路と周辺の土地は、2009年5月から2014年6月にかけてナショナルトラスト運動が行われ、11,000名以上が賛同・支援し、愛知県側敷地16万平方メートルが「愛岐トンネル群保存再生委員会」の所有するところとなった[4][1]。この3~6号の4基は、2009年(平成21年)に経済産業省主幹の「近代化産業遺産33」に認定されている[4]。2012年(平成24年)には文化庁の「NPO等による文化財建造物の管理活用事業」に選定され、保全活用が文化庁からの受託事業となり、さらに2016年(平成28年)11月には、3号および4号のトンネルと笠石洞暗渠の3施設が、国の登録有形文化財(建造物)に登録された[1][4]

群馬県碓氷峠トンネル群滋賀県および福井県にまたがる旧北陸線トンネル群と並び、日本三大廃線トンネル群と称される[1]

各トンネルの現況[編集]

1号トンネル 5号トンネル 整備公開されているトンネル内部
1号トンネル
5号トンネル
整備公開されているトンネル内部

1900年(明治33年)建設と記録され、官設単線鉄道における標準的なトンネルの形状で、馬蹄形の断面を持つ。構造は煉瓦造で、笠石などで要所を装飾している[2]

1、2号トンネル(旧中央線玉野第1隧道、玉野第2隧道)
JR中央線「定光寺駅」より名古屋側に位置し、JR東海が現行線路の保線作業に使用している[4]。トンネルの長さは、1号は104メートル、2号は80メートルである[3]
3,4,5,6号トンネル(旧中央線玉野第3隧道、玉野第4隧道、隠山第1隧道、隠山第2隧道)
愛岐トンネル群保存再生委員会が所有し、保全活用している[4]。定光寺駅から愛岐道路諏訪大橋までの間にあるトンネルで、長さは3号は76メートル、4号は75メートル、5号は99メートル、6号は333メートルである[3]
7号トンネル(諏訪第1隧道)
名古屋市が所有する[4]。長さは607メートル[3]
8号トンネル(諏訪第2隧道)
多治見市が所有する[4]。長さは202メートル[3]
9号トンネル
20世紀半ばに撤去された。
10~14号トンネル(諏訪第4隧道、廿原第1隧道、廿原第2隧道、池田町屋第1隧道、池田町屋第2隧道)
多治見市が所有する[4]。長さは、10号と11号はそれぞれ91メートル、12号は87メートル、13号は262メートル、14号は385メートルである[3]
代替路線の現行トンネル
これらの廃線路に換わるものとして開通した現JR東海の中央本線のトンネルは、廃線路のトンネルの3号から8号までにあたる区間で「愛岐トンネル」が、10号から12号トンネルまでの区間で「諏訪トンネル」が、13号から14号トンネルの区間で「池田町トンネル」が利用されている[3]

評価[編集]

登録有形文化財となっている3号トンネル

2009年(平成21年)2月に、3~6号までの4つのトンネルが経済産業省によって「近代化産業遺産 続33」に認定されたのに続き、2011年(平成23年)度には国土交通省によって「手づくり郷土賞」へも認定された[3]

2016年(平成28年)に3号4号トンネルと笠石洞暗渠(明治33年建造、昭和32年改修)が登録有形文化財に登録された [2]

保全と活用[編集]

NPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会によって、整備、保全しながらの観光活用が行われている。春秋に期間を定めて一般に公開されている範囲は、3号トンネル付近から6号トンネルまでの片道1.7キロメートルの往復路である[2]。ルート上に、愛岐トンネル群に関する案内板などの展示や、手づくりのブランコなどの遊具や、水車、橋などを設置する[6]

線路は撤去されているものの、線路に使われていた砕石がそのまま残る未舗装路である。半世紀近い歳月を自然のなかにあったため、藪に埋もれ、道やトンネル前に直径30センチメートルを超す木が育つ場所もあるが[3]、生えた草木も「トンネルの歩んできた歴史」とみなして残されている[6]。現場は川沿いの急峻な崖となっているが[3]、草が天然のガードレールであるとしてトンネルの間の屋外にも柵は設置していない[6]。往復の所要時間は一般に約2時間とされ、場内3カ所にトイレを設置する。場内のマルシェ広場では、一般公開の期間中は弁当などの飲食物の販売や、保全再生委員会のブースが出展し、絵葉書や汽車土瓶、缶バッジなど販売する[1]

2012年(平成24年)3月には愛知県春日井市で、全国各地の廃線活用を試みる6つの市民団体を一堂に集める初の「全国トンネルサミット」が開催されるなど、市民レベルでのトンネル群保存活動に向けたネットワーク作りも進められている[3][7]。この時のサミットの参加団体は、愛岐トンネル群保存再生委員会のほか、士幌線ひがし大雪アーチ橋友の会(北海道上士幌町)、碓氷峠鉄道遺産群を愛する会(群馬県安中市)、篠ノ井線ケヤキの道(長野県安曇野市)、湊川隧道保存友の会(神戸市)で、高千穂あまてらす鉄道(宮崎県高千穂町)は欠席していた[7]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 愛岐トンネル群散策マップ”. 愛岐トンネル群保存再生委員会. 2020年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c d 指定施設の詳細”. 愛岐トンネル群保存再生委員会. 2020年12月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 土木学会土木史研究委員会ニュースレター 土木史フォーラム42 号 2012.12.10「市民が創る緑の街道 愛岐トンネル群~ただいま廃線トンネル再生中~」 (PDF)”. 村上 真善. 2020年12月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j 愛岐トンネル群とは?”. 愛岐トンネル群保存再生委員会. 2020年12月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f “半世紀前の国鉄廃線トンネル「愛岐トンネル」猛暑に涼めるビアホールとして再活用”. 中京新聞. (2019年8月22日). https://www2.ctv.co.jp/news/2019/08/22/62171/ 2020年12月4日閲覧。 
  6. ^ a b c 女子的産業遺産探検『前畑温子』創元社、2014年、108頁。
  7. ^ a b “廃線・トンネル、活用に知恵絞る 愛知でサミット”. 朝日新聞. (2012年4月1日). http://www.asahi.com/travel/aviation/NGY201203310023.html 2020年12月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]