悲の器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

悲の器』(ひのうつわ)は、高橋和巳が発表した長編処女小説。第一回文藝賞受賞作。 新潮社河出書房より上梓されている。 1963年にはTBSの近鉄金曜劇場テレビドラマ化されたことがある。元NHKアナウンサー野際陽子が、女優としてドラマに初出演した作品でもあった。

概要[編集]

大学教授で世界的な刑法学者正木典膳は、日本のエリート思想の権化である。その彼が、同じく大学教授の令嬢栗谷清子との婚約を発表するのだが、典膳によって妊娠させられた家政婦の米山みきに不法行為による慰謝料請求の訴えを起こされ、スキャンダルの人となる。「法にあたるようなやましいことをしていない以上人に後ろ指を差されるいわれは無い」と考える典膳はみきを名誉毀損で訴え返すが、次第に彼は理性と愛の相剋に悩みだし、社会的にも、精神的にも破滅していくのだった……。戦後の神無き知識人の心理を硬質な文体で暴き出す。

テレビドラマ[編集]

1963年(昭和38年)7月5日、20:00~21:00にTBS「近鉄金曜劇場」枠の単発ドラマとして放送。但し、2017年現在で映像が残存しているかどうかは不明。

演出:大山勝美、脚色:岡田光治、出演:佐分利信荒木道子野際陽子神山繁文野朋子河野秋武

TBS系 近鉄金曜劇場(1963年7月5日)
前番組 番組名 次番組
悲の器