恩田勝亘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

恩田 勝亘(おんだ かつのぶ、1943年 -2015年9月17日 )は、日本のジャーナリスト島根県出身。

経歴・人物[編集]

法政大学卒業。1967年、女性週刊誌などのライターとなる。1971年より、『週刊現代』の記者として、政治・経済・事件など幅広い分野を取材・執筆。

チェルノブイリ事故にさいしては、主に放射能による食品汚染問題を提起。2006年のチェルノブイリ20年目には、世界のメディアで唯一、事故炉4号機の中央制御室に潜入・取材。

2007年以降は、フリーのジャーナリストとして活動。2015年9月17日北里大学病院にて死去。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

関連項目[編集]