恐竜くん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

恐竜くん(きょうりゅうくん)は、日本恐竜研究者。

経歴・活動[編集]

16歳でカナダに留学し、恐竜の研究が盛んなアルバータ大学古生物学を中心に理学・自然科学を修める。2008年に卒業。

きっかけとなったのは、6歳のときに国立科学博物館で恐竜の全身骨格に魅せられたことであると語っている。

卒業・帰国後は、サイエンスコミュニケーターとして活動する。単一の活動にとどまらず、「恐竜を通して」という科学的テーマのもとで幅広く活動している。『サイエンス×エンターテインメント×エデュケーション』を掲げ、恐竜展のプロデュースやイベント・講演を日本全国で開催し知識を提供する。イラストも自分で描く。

国内外の学術機関と連携することで最新の知識を取り入れ、随時反映させる。ブラックヒルズ地質学研究所と連携することで、ティラノサウルスの全長12メートルの全身骨格(通称スタン)の、「2010年代の新復元、パーフェクト・スタン」を作った。パーフェクト・スタンは企画展示されることが多い[1][2]。他にも、ユタラプトルの「2017年最新復元」全身骨格や、角竜スピクリペウスの頭骨を日本初公開するなど行っている。[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スタンのオリジナル骨格はブラックヒルズ(アメリカ・サウスダコタ州ヒルシティ)が所蔵しており、レプリカ数十体が世界中の博物館にある。これらの「旧スタン」は、日本国内の幾つかの博物館でも常設展示されている。
  2. ^ 千葉県立中央博物館特別展「ティラノサウルス~肉食恐竜の世界」2012年10月20日から12月24日
  3. ^ オービィ横浜横浜市観光情報サイト 恐竜ハンターキャンプ2018年4月1日から6月17日

出典・外部リンク[編集]